FC2ブログ

プロフィール

getokko

Author:getokko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス件数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

今年も残り半分・作成予定

懐かしい曲だけど、素敵だなと思います。
https://youtu.be/vRRe_YMET7Q

スキー場デビュー!

子猿くんがスキー場デビューしました。初スキー場はやはりホームゲレンデの夏油高原スキー場!



2月のある日、快晴の夏油へ向かいます。私も含め、奇人変人が集まるスキー場は夏油以外無いのでは?!(笑)



駐車場に到着し、ドームへ向かいます。すると、夏油ローカルの先輩スキーヤートオル先生、トクさん、イタさんらが出迎えてくれます。



私にとっても孫に感じますが、この日出会った皆さんも孫、ひ孫に感じるようですね(笑)。



なので、眼に入れても痛くないほどに子猿くんを可愛がってくれます。



子猿くんもいろんな色のスキーウェアにキョロキョロ。偶然来ていたカタヒラさんも喜んでくれました。



老若男女、様々なスキーヤー、スノーボーダーが抱っこしてくれることに子猿くんは喜んでます。



スタッフの皆さんも子猿くんの登場にびっくり(笑)。
子猿くんが花咲か爺さんになったかのように、周囲が笑顔で満開です。



Y姉にもすぐに抱っこ(笑)



Tくんも(笑)。
※一緒にキッズチームが出来たらいいね。あと、TOMYさん、ATUSHIさん、HITOSHIさん、TACCHANさん、OZAWAくん他、スキーチームのみんなにも抱っこしてもらいたかったな~。



ゴンドラにも初搭乗。
浮遊感にドキドキ?!



何故か裏夏油チバさん、Kimさんも一緒に4人で乗車(笑)。
チバさん、Kimさんは自分も含め、お父さんというよりはお爺ちゃん?!



山頂駅では同級生のTada。
凄くなついてました。
キム、ブッティーにも抱っこしてもらいたかったな~(笑)



下山中、ゴンドラの高さが怖くないのか、スキー場の景色にかぶりついて見ています。



子猿くん、雪山が好きなのかな?!



山麓に到着。トオル先生たちといつもの場所で撮影します。



パトロール小屋に顔を出してみます。
すると、笑顔のタケさんが出迎えてくれます。



しばらくすると、コウイチ隊長、アサダさん他、パトロールの皆さんが集まってくれました。
パトロールの先輩たちも次世代のスキーヤー誕生の予感に喜んでくれました(笑)。



最後はアサダさん。
自分は教わることは無いかもしれませんが、子猿くんのコーチングしてもらえたら嬉しいです。



あと2年後、子猿くんは夏油のゲレンデに立ちます。



広い雪山を大声で滑る親子スキーヤーとなってしまいそうですが、皆さん温かい目で見守ってください。また、今まで同様、御指導御鞭撻賜りますようお願いいたします。


大きくなったら / SHOCK EYE from 湘南乃風
https://youtu.be/Yx9MS4hpqGk

GW最終日

スタッフの皆さま、冬の長い期間、夏油高原スキー場の運営ありがとうございました。



夏が終われば、またシーズン開幕(笑)



来シーズンもよろしくお願いいたします。



また雪山で!

RESPECT.



「春眠、暁を覚えず。」
春の陽気は気持ちがいいものですね。新緑が芽生え、総てに命が吹き込まれたような季節を迎えました。



さて、天皇の退位とともに平成が終わり、令和の時代へと移り変わります。



「我がスキーライフは平成の時代が育んだもの。」
そこで平成最後の日に、私がスキーライフで出逢えた人達へのリスペクトと感謝の気持ちを綴りたいと思います。



まずは、スキーにのめり込むきっかけを頂いたTAKASHIさん、OSUMIさんら山形FREE SKIチーム「IBEX」のみなさん、OKUYAMAさん、IINOさんら山形モーグルチーム「エア・パイレーツ」のみなさん、そして、湯殿山スキー場の渡部三郎さんに感謝したいと思います。



二十代半ばでスキーを開始し、湯殿山スキー場・蔵王スキー場をホームゲレンデに活動していた頃に知り合った方々です。サッカーしか知らなかった私にスキーの楽しさを教えてもらいました。



チームの先輩たちには今でも関わりがあり、後輩の本間カッシーは新潟、丹野ミッキーは蔵王をホームにスキーショップを経営しているのでスキーでの繋がりがあることに感謝しています。



三郎さんについて、当時はただのエロ親父だと思っていましたが、今、彼の滑りを映像で観るとその凄さがわかります。彼の現在の滑りもスゴいですが、オートマチックに曲がるスキーではなく、当時の真っ直ぐな構造のスキーであの滑りが出来ていたのはスゴいです。



次は夏油でアルバイトした時のスタッフや仲間たちに感謝します



スノーボードスクール校長だった三上さん、現在、チューンナップショップFACTORY-Uを経営している上田さん、ヤッポさん、小堀夫妻、ユミ姉らスタッフ仲間から働きながら滑るスキーライフというものを教わりました。



この年はシーズン100日超えの滑走日数となり、それ以降の滑走日数70~80日となっています。



また、現在、夏油パトロール隊長のコウイチさんからスキーの基本を学び、このあとバッチテストを目指す目標をいただきました。



モーグルの第一人者USHIZAKIさん、モーグルしていたTAMOTUくんや小学生だったEISHINくんに出逢ったのもこの頃でした。



その次に新潟、長野で出逢えたプロや仲間に感謝します。その方々に基礎スキーやレーシングをコーチングしてもらい、現在の土台が出来たのだと思います。



週末スキーヤーだったこともあり、なかなか毎日パウダー三昧とはいきませんでしたが、レースの草大会に出たりその分ゲレンデでのスキルが向上した期間だったと思います。



最後に岩手に戻った後に出逢えた夏油の仲間に感謝します。



はじめは、captain-AことATUSHIさんと間違えられたことから夏油ローカルのスキーチームとの交流が始まります。



KAGAZUMEさんやTOMYさん、KATOさん、ATUSHIさん、GOTOさん、MITURUさんらスキーヤーと出逢い、パウダー、スキークロス等の経験を積み重ね、ライディングに幅が出てきたのだと思います。



その後、CHIBAさん、KIMURAさんと出逢い、その後、SASAKIさん、SUGOさん、YAEちゃんさん他、裏夏油の仲間が増えていった感じがします。



テクニカル・クラウン受験ではKYOKO先生、ISSEIさん、KATAHIRAさんら基礎スキーの先輩や仲間からアドバイスをいただきました。



また、ITAGAKIさん、TORU先生、TOKUKOさんらスキー愛好家の皆さんから叱咤激励をもらいました。



更にスノーボードを開始した後は、NOBORUさん、TOSHIYAさんらとの交流も増えました。



雪山遊びは道具に拘らないので、スキーのみならずスノーボーダーやテレマーカーの仲間が出来たことが良かったです。



いつもギアや雪山で御世話になってるOZAWAくん。



HITOSHIさん、TACCHANさん、KONDOさんら先輩スキーヤー。



TAMOTUくん、SINYAくん、TAGUSARIくん、SURUGAくんら後輩スキーヤー等、いろんなローカルスキーヤーがいることで刺激を受け、滑り続けています。



最近では、裏夏油での活動を通じて、KUNIOさん、KIKURIN、WAJIくんら蔵王SANGOROのメンバーやえぼし蔵王のKATOさんらとも交流があり、雪山の輪が広がりました。



現在の私があるのも今まで出逢えた人たちのお陰と思っています。



そして、中でもリスペクトしているのは、スキーヤーではASADAさん、TOMYさん、ATUSHIさん。
スノーボーダーではKIMURAさん、CHIBAさん、SUGOさんです。



ASADAさんは元夏油スキースクール校長、現在は夏油パトロールで勤務しているスキーヤーです。



確かな技術に裏打ちされたシンプルなライディング。スピードは全てコントロールされ、ターンは自由自在。そして、そのスタイルはリラックスしていてエレガント。カラダの軸はしっかりしていて、板さばきが華麗な滑りは憧れます。



大船渡のKIKUCHIさん、雫石のMATUNOKIさんら有名な方々との交流もありますが、やはりずっと見続けてきたASADAさんのライディングに魅了されているし、いつかあのスタイルで滑りたいと思っています。



TOMYさんはMr.GETOと言っても過言ではないほど、夏油を知り尽くしているし、多くのノウハウとスキルを持ち合わせた夏油ローカルのスキーヤーです。



総てにおいて学ぶところがあり、スキーへの情熱もとても高く、私を導いてくれる先輩です。



ATUSHIさんは身体能力の高さと滑り込んだ経験と感覚を基に、誰にも真似できないスタイルを持った夏油ローカルのスキーヤーです。



バッチテスト後、スノーボード一辺倒だった私をスキーに戻してくれたのは彼のライディング。圧倒的なスピード感はスキーでなければ出せないと実感させてくれました。



KIMURAさんは夏油ローカルで現在66歳現役スノーボーダーです。テクニカルなライディングでどんなバーンでも上手く、特にカービィングが綺麗です。



ヒールサイドからの切り返しはサーフィンの帝王ケリースレーターを彷彿とさせてくれます。



CHIBAさんは裏夏油の代表であり、夏油ローカルの中でもライディングスキルはピカイチです。



スケートボードでのライディングスキルをそのままスノーボードに持ち込んだスタイルで、特にパウダーでのオーリーを多用したライディングは唯一無二のスタイルです。



SUGOさんは独特な感性を持つ夏油ローカルです。直線的なライン取りですが、一度雪山に向かえば、独特なライディングなので見ていて飽きません。



私にとって兄貴的存在で、様々な分野においていろいろアドバイスを頂いてます。



最後にもう一人。
亡くなった清水さん。



この世に居ない現在であっても、生き方、人柄をとても尊敬しています。人生を通してフリーライドを体現した人です。



雪を愛する全てのスキーヤー、スノーボーダーから刺激を受け、私は滑り続けています。



これからもセッションや、ライディングを拝見させてもらうことで、更なる上達を目指していこうと思います。



私も四十代半ばとなり、年齢の流れに逆行することは出来ませんが自分が納得するライディングを目指して滑り続けます。



スキーを始め、いろんな地へと足を運びました。海外でのスキーはまだですが、東北、信州のみならず、夢の北海道でも滑走することができ、各地の特色やそこで生活する人たちにふれ合うことが出来ました。



これからも様々な地へ出向き、いろんな出逢いが私を成長させてくれると思います。



新たな時代を迎えますが、今まで同様変わらぬ御指導、御鞭撻をお願いします。



自分にとって、やはりこの曲かな。
MY WAY / Def Tech
https://youtu.be/rBT50CXqatI

シーズン終了!



ただいまを持ちまして、私の今シーズン全活動を終了とさせていただきます。



関係各位、雪山仲間の方々、今シーズンもありがとうございました。



シーズン最後に栗駒と湯殿山アタックを計画していましたが、諸事情により11日の夏油ラストパウダーで最終滑走となりました。



ラストライドに向け準備を進めていましたが、NOBORUさんとの栗駒アタック前日に突如事件が勃発し、家族からの理解が得られない状況となりアタック中止としました。
とても楽しみにしていた企画だっただけに残念ですが仕方ありません。また来シーズン、栗駒をアテンドします。今後は海でもよろしくお願いします。



雪山を愛する者として一年中冬だったらと思うことがありますが、それだと雪遊びに飽きてしまうことでしょう。



春夏秋冬、四季があるから限りある冬という季節を全力で楽しむのだと思います。



これから花が咲き誇る季節を迎え、田植え等農繁期に入ります。



梅雨が終われば夏真っ盛り。



レジャーやアウトドアで過ごす夏休み。



それが終われば収穫の秋。



最後の台風スウェルを追いかけるとまた冬です。



我が国、日本の四季を楽しみましょう。



それではまた冬にお逢いしましょう!



追伸・栗駒の火山活動が活発化しています。入山の際は注意してください。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ