FC2ブログ

プロフィール

getokko

Author:getokko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス件数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

秋のワンチャンを狙う・作成予定

赤を纏う・作成予定

53 作成予定

久々に聴いて、何故か涙が出たこの曲
everything / MISIA
https://youtu.be/efqBnrR1RjU

4ヶ月を経て、再び……

クルマが変わったのにも関わらず、この4ヶ月で2度もオルタネータ故障に遭った。



どちらとも近場で故障したので、自動車工場までなんとかたどり着けたのは運が良かった。

それにしても数十万キロに一度の現象が、この数ヶ月に集中したのは不思議である。



これはラッキーなのか?!
私の選択が、with コロナのこの冬を楽しきものにしてくれることを祈っている。



現在は、20年前の軽バンの代車でマニュアル運転している。(私の愛車と同い年…(笑))



風立ちぬ / 大瀧詠一
https://youtu.be/Iu2TNkaqMKQ

あなたに逢いたくて / Aya Matuura
https://youtu.be/E3c1jbVvj9o

この冬を模索

さて、季節は収穫の秋。食欲の秋へと移り変わっている。あと2ヶ月もすれば、初雪となっているかもしれない。



そこで、この冬の雪山活動をどのようなものにしたらよいかを検討してみようと思う。



まずは活動拠点について。



例年であれば、やはり夏油一択であるが今季はコロナからの離隔を考慮しなければならず、必ずしも夏油一択とはならないと考えている。

何故ならば、未だワクチンが受けられる現状ではないし、仮に罹患するようなことがあれば家族や地域への影響が避けられない。



そこで罹患しないことを重点に考えるならば、

①ウイルスが集まるような場所へ行かない。
②人混みを避ける。または独りで滑走する。
③密閉されるゴンドラは出来るだけ使わない。
④食堂等は使わない。

この4点が私自身の基本となると思う。



そうすると、近年、パウダー押しで集客してきた夏油へ、日本各地からスキーヤー、スノーボーダーが多く集まると想定される。
また、企業努力としてコロナ対策は行われるとは思うが、実際どれだけの殺菌消毒がなされるかは不明である。また、一度着用する度洗濯する普段着とは異なり、洗濯はシーズンに数回しかしないスキーウェアなのでウィルスが付着しない方が良い。グローブ、ゴーグル、スキー、ストック等すべての除菌は不可欠であるが、それをスキー場でクルマに乗る前に全て出来るかは無理があるように思えてしまう。

そして、いままでホームとしてきた夏油は各地から不特定多数の客が集まり、ゴンドラ主体のスキー場であるため、私自身としては感染リスクが高いと感じる。



考察すると、今季の夏油ではクワッド、リフトのみの利用としてシーズン券を購入するか、リフト主体のスキー場のシーズン券プラス夏油前売り券等を購入しておき活動するかのどちらかだと思う。

夏油のシーズン券は早割58000円に今季値上げされている。その点も少しひっかかってしまう。



しかし、ここ数年の小雪の恐れもあることもひっかかる点となっている。

さて、どうしたものか……。



先日、夏油仲間で夕食を食べた時に話題にもなったのだが、皆、回答は様々でありメリット・デメリット等参考となった。



ドライスーツ購入して、冬の海活動を平行する手もあるのだが。

早割シーズン券購入リミットは、あと2週間。



どうなる今季の雪山活動……。



Nobody's Love / mroon5
https://youtu.be/5HMelmLQWEk

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ