FC2ブログ

プロフィール

getokko

Author:getokko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス件数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

今週の夏油・プチトリップ

まだ2月だというのに、既にシャバ雪となっている夏油です。


今回はセンメリとえぼしに行ってきました。


セントメリースキー場は、学生の時以来なんと10数年ぶり。


当時は高速道に1区間だけ乗り、関山トンネルを越えて通ってました。


ナイターしか行ったことがなく、ゲレンデコンディションもアイスバーンがほとんどでしたが、この日のコンディションは春雪で適度な固さで良かったです。


ゲレンデは週末ということもあり、賑わいを見せていました。


小さいスキー場ではありますが、主に仙台周辺からの集客がありこの賑わいとなるのだと思います。


特に家族連れが多く、子供たちがリフトを一人で回しながら、巣だったばかりの雛のようにボーゲンに近い直滑降で伸び伸びと滑っていました。よく曲がれるものだな~と感心しました。


中にはエキスパートなスキーヤーもいて、子供たちの注目を集めていました。コンパクトでもアクセスとレベルアップにはとても良いスキー場だと感じました。


帰り道、ナイター照明がついているスキー場を発見。


スノーボードの先輩のホームゲレンデみやぎ蔵王すみかわスノーパークだと思い、さっそく一路南進。


到着してみると、そこはなんとみやぎ蔵王えぼしリゾート…。とんだ間違いでした。後で先輩に聞いたところ、途中迷いこんだ道がすみかわスノーパークへのアクセス道路だったようです。


コンディションは上々。アイスバーンではなく、滑りやすかったです。


こちらも週末ということもあり、駐車場が満車でした。


ゴンドラで一緒になったK2の板のスキーヤーは、仙台転勤を機にスキーを再開し6年目ということですが、「やめられないな~。」とスキーの虜になっているそうです。


そう言えば、えぼしリゾートでのナイターが今季初ナイターでした。夏油のナイター営業は終わってしまったので、ナイターへ行くのはこれが最初で最後かなと。
ちなみに、えぼしリゾートのゴンドラは夏油と同機種。何か親しみ易さを覚えました。


滑走終了後は遠刈田温泉へ。共同浴場の「神の湯」に入浴しました。とてもいい湯でした。


旅の最後に○○君さん邸へお邪魔し、夕食を頂きました。○○君さんの奥様、御馳走様でした。また夏にサーフトリップでお邪魔しますね。


おしまい。

今週の夏油・蔵王trip編

夏油へは行ってませんが、不定期アップの「今週の夏油」です。


節季のひとつ「雨水」が終わりました。


調べてみると今まで降雪だったものが降雨へと変わる季節だそうです。


現在、まだ2月中旬ですが、この天候とそれに伴う景色を見ていると既に4月上旬ではないかと思ってしまうほどです。


スキーヤー、スノーボーダーである私達には残念ですが、今年は春の訪れが例年よりも早いのかもしれませんね。

では、本題です。
今季初トリップとなる2泊3日の蔵王は最高!


何が最高だったかというと、順に挙げると次のようになります。


1に「SANGORO」。


2に「竜山ゲレンデ」。


3、4飛ばして、5に「920アニキとコ○○イちゃん(笑)」。


今回宿泊させてもらったSANGORO(サンゴロー) はとても居心地が良く、一泊の予定が二泊となるほどでした。


薪ストーブの暖かさは格別で、夜遅くまで知り合えた人たちとゆっくり過ごすことができました。


食事も美味しく、他のスキー場のゲレ食では味わえないような本格的なメニューばかり。昨年サンゴローをランチで訪れた方があまりの美味しさに今年は宿泊してみたと話すほどでした。こういうところにリピーターが生まれる要素があるんだな~と知りました。


送迎車のランドクルーザーは圧巻。ナンバーもサンゴローにちなんで「356(笑)」。


次に竜山ゲレンデ。二日目に訪れたゲレンデですが、この日の蔵王山頂は悪天候。黒姫ゲレンデもコンディション悪く、ノーライドかと思われるほどでした。


コースはクラストしており、油断すると刺さる状況。やむ得ずSANGORO へ帰還することに…。


※横倉の壁は雪崩の危険があり、また以前開放した際、滑走中の負傷者が多かったため、現在はクローズされています。


その後、サンゴロー内のショップからお借りしたロシニョールの板を試乗するため、竜山ゲレンデに行ってみるとその憂鬱な気持ちはぶっ飛びました。


午後14時という時間帯ではありましたが、ピステが残っていて、先輩Sを「目を閉じていても滑れるゲレンデ」と言わしめたほど。
※画像は別ゲレンデですが、蔵王のピステはとても凹凸も無く綺麗でした。


蔵王ローカルは全く興味を示さないゲレンデかもしれませんが、夏油ローカルの私達にとってはこの斜度、ピステは極上でした。
リフトからの竜山ゲレンデのロケーションは海外のスキー場のように思えますね。乗車している方もヨーロピアンですが…(笑)


最後に920兄貴とコ○○イちゃんは昔からの仲良し。


山を滑る仲間として、仲間とはこう在りたいものですね。


蔵王の印象に残った良い点を挙げてみましたが、比較対象が夏油だからかもしれませんが夏油にはない魅力が多くありました。


あえて悪かった点を挙げれば、老舗のスキー場であるため、ゴンドラ、リフトでのコースアクセスがしにくい点くらいですね。宿泊施設、温泉入浴施設がスキー場周辺に点在している点は、スキー場というよりはやはりスキーリゾートと呼べますね。


ここで文末とはなりますが、みなさまへのお礼をさせていただきます。
お世話になった920兄貴を筆頭とする蔵王ローカルの皆様。


ステイ先となったSANGOROのスタッフ、そして、そこで出逢えた素敵な方々。


バリエーション豊かなコース。


そして、この蔵王スキー場を管理運営しているスタッフの方々。


特にリフト券をSANGOROに忘れてきた際、中央ロープウェイのAさんには大変お世話になりました。


本当にありがとうございました。


トリップ先となった蔵王での感動を胸に、滑り続けていきたいと思います。


それではみなさん、またお逢いできる日を楽しみにしてます。

「蔵王サイコー!、竜山サイコー!(笑)」

今週の夏油・復帰早々

後れ馳せながら、今季もシーズンインに漕ぎつけました。


復帰2日目にして栗駒滑走。異次元空間のような暗黒のトンネルを、光を目指してランクルは走り続けます。


トンネルを抜けるとそこには晴天、静寂な栗駒が待ち構えてます。


山頂までフルハイク。道中、いろんな人たちと出逢い、会話に花が咲き、無事に山頂到着。山頂でそれぞれが祈願し、ドロップポイントへ。


晴天下、無風の斜面を各々が滑走。ベテランスキーヤーのこの均一なターン弧。素晴らしい!


滑走後、振り返ると栗駒は再チャレンジと言わんばかりに鎮座してます。が、タイムアップ…。次回、チャレンジします。


その後、今週はジムへ行ったり


「LOVE IN ACTION !」したり


夏油に顔出しましたが


越路スキー場、国見平スキー場をリサーチしていました。


他のスキー場もそれぞれに良さがあって捨てがたいと思いました。


雪質も良好。


斜度も適度にあります。


いつもの夏油仲間が居たりして、夏油以外のスキー場にいるはずが、あたかも夏油を滑っている感覚。まさにホームゲレンデかと思うほど。


次回はゲレ食レポでもやってみますね!


それでは、みなさんまた来週!
と、その前に素敵なライディングのひとこまを!


素敵な斜面で思い思いのライディングを!


では、来週は蔵王からお送りします!チャオ!

今週の夏油・復帰

雪山活動再開(仮)してみました。2月中旬に蔵王トリップが控えているので調整のための夏油となりました。


久しぶりの夏油でしたが、ゲレンデには懐かしい面々が待っていました。スクールKyoちゃんが帰省しており、さらにS農園のHくんやら、独りで調整兼ねて滑るつもりが、みんなでワイワイガヤガヤとなってしまいました。流石にKyoちゃんは上手かったなと…。あのしなやかな足さばきにはうっとり。でも、たまに暴走したり、転倒しそうになったり・笑。


夏油への道には雪は無く、晴れていて夏油らしからぬ天候でした。


この日はスキー教室で訪れていた小学生が集まっていました。


勤務明けでスキー場へ来たため、到着が正午近くとなり2階フードコートは満席状態。平日のこの混雑ぶりは久々に見ました。


肝心の雪質は春雪に近くやや硬めに締まったバーンコンディションでした。


どのような事故なのかわかりませんが、doctorヘリが着陸していたのが気になりました。傷病者の程度が少しでも軽いことを祈ります。


今季は雪山活動を休止していたため、久々に会う方が多く会う方々に心配されましたが、笑って会うことが出来て良かったです。


個人的には徐々に雪山活動が出来れば良いかなと思っています。2月を迎えシーズンも折り返しとなりましたが、あまりガツガツせずにゆとりを持った雪山活動をと考えてます。


特にも今季は夏油以外での雪山活動を多くしたいと考えてます。シーズン券所持者ではありますが・笑。夏油で知り合えた仲間は多いのですが、交流の輪をさらに広げてみたいと思いますし、滑りなれた夏油で以外の様々なコースや雪山を滑ってみたいなと思っています。


いろんな土地や人、そして波を知ることによって刺激が得られるサーフトリップのように。


最後に、寂しい話ですがなんとなくローカル客が例年に比べて、更に減ってしまった感じがしました。また、ローカルの先輩スキーヤーや仙台からよく来ているスキーヤーとも話しましたが、スキー場自体のサービスが悪くなってきていて、先週は網張スキー場に三泊してきたという話を聞き、とても残念に思いました。


LEGENDスノーボーダー清水さんが来ていた夏油に比べて、いろいろなイベントは確かに増えたりしていますが、あの頃のようなアットホームさはなくなった感じがします。
そして、夏油に集まるスキーヤー、スノーボーダー、そしてサービスを提供してくれる従業員スタッフみんなが楽しく笑いあえて、ローカルスキー場としての温かみを感じる場ではなくなったのかもと思います。それは経営者が変わり、新しい夏油として生まれ変わったのかもしれないし、時代の流れなのかもしれませんが、昔のような人の輪が生まれていた良き時代の夏油もいいなと思った1日でした。

今週の夏油・立春

まさに春のような陽気の下、暦上では春を迎えました。


例年であれば、立春はまだ真冬のような景色が広がっているはずですが、今年は道路上に雪が無く、白鳥が雪解けした田畑に舞い降り落穂拾いが見られるなど、まるでシーズン終盤となる3月末のようです。


そんな中、私は雪山活動を休止して早1ヶ月が経ちました。この1ヶ月で日本中、世界中において様々な事件や事故が発生し、多くの方々がお亡くなりになりなした。慎んでご冥福をお祈りします。


さて、活動休止中は倉庫で昭和30年製造の南部鉄器の鉄瓶を見つけ、全体が赤錆に覆われていましたがサンディングをかけたり加工して再生させ使用したり…。


本当はシーズンオフに行うものなのですが、サッカーのKINGカズとE-girlsの目標へ向かう姿勢や、トレーニングのストイックさに心を打たれ、オフトレならぬイントレを決行し6パックを目指したり…。ジム通いは大体一人ですが、たまに仕事後の先輩と合流したりと。


先輩たちの飲み会に顔出したり…。


日頃の疲れを癒やすため温泉で過ごしたり…。


と、とてもシーズンインしたとは思えない日々を過ごしていました。


この日々で感じた事が1つありました。それは一度雪山から離れるといとも簡単に雪山から気持ちが離れてしまうこと。雪山に魅せられて15年、例年であれば冬が待ち遠しく冬が近づけば心がソワソワし、日々の天候や雪山関連のブログ等もチェックするのですが、シーズン中に雪山への気持ちが薄れたのは初めての経験でした。以前、それに近いものはありましたが、スノーボードを始めたことで解消したことを覚えてます。


初めの10日くらいは雪山の事が気になっていましたが、雪山の無い日々を過ごしているとその日常に慣れてしま
いました。
先週、ジムで先輩から最近栗駒行った時の情報がT氏のブログに掲載されている聞いて、栗駒の記事のみでしたが今季初めての裏夏油会報を見ました。羨ましい気持ちもありましたが、昨年までとは何か異なる心境でした。
それに加えて、理由はいろいろあるとは思いますが今まで雪山を離れていった人々を見てきました。その方自身、未練があって離れていったものと思いますが、時間が経つと雪山の無い生活に慣れてしまうんだろうと思います。


私も雪山に魅せられた1人です。しかし、たかがシーズン中の1ヶ月ではありますが体を再構築するつもりで臨んだトレーニングでの日々の身体の変化にワクワクし、次第に興味が移ってしまいました。冬ではありますが波乗りやフットサル等の別のスポーツも出来るわけで。
まあ、雪山に行き始めれば、また心境も変わるのでしょうが…笑。


それが数年通わなくなってしまうと、ギア等の再購入費用、リフト代等が心に重くのしかかり、久々に雪山へ戻ろうと考えた時、その一歩が踏み出せなくなってしまうのも事実だと思います。


このブログは夏油高原スキー場の存続が危ぶまれた事が発端で始めました。決して現在の夏油高原スキー場の運営は満足できるものとは思えませんが、とりあえず危機は脱したことにより自身の中にあった盛り上げようという気持ちに1つの区切りがついた感じがします。それと共に自身のモチベーションが上がらなくなってしまったのかもしれませんね。


まあ、私のモチベーションはそこまでではありませんが、今度は自身への鼓舞が必要なのかもと思えてしまいます…笑。ここ数年、夏油高原スキー場の主に滑ってきたわけですが、楽しさを再発見するためにも別なスキー場や雪山も行き先として視野に入れながら再開出来たらいいなと思います。特に近隣の市営スキー場へは足を運んでみたいです。奥州市の越路スキー場、ひめかゆスキー場、国見平スキー場は市の方針により休止となる可能性があるので注目しています。八幡平スキー場のような結果とならないで欲しいです。


全てのスポーツに通じるものとは思いますが、続けることの難しさとモチベーションの維持について改めて考えさせられた良い機会となりました。


2月となり日も長くなりはじめていますが、未だ滑走日数は3日と夏油高原スキー場のシーズン券購入が失敗かと思えるほどですが、近々、夏油でお会いできる日がくると思います。改めまして御指導、御鞭撻をいただけたら幸いです。


最後にテンション上がる動画をどうぞ!
①E-girlsのキレているdance。
e-girls / Mr.Snowman ~Snow Dance~ (Dance Video Cl…: http://youtu.be/A5NCPodXw2o

②スキー場へ行きたくなるCM。
PRINCE SNOW RESORTS プリンススノーリゾート TVCM 2014-15 Mix3…: http://youtu.be/BuMMY94myeI

③CANDIDE THOVEXのライディング。
One of those days 2 - Candide Thovex: http://youtu.be/yKP7jQknGjs



では、夏油で!

| ホーム |


 ホーム