FC2ブログ

プロフィール

getokko

Author:getokko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス件数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

虹の架け橋



10月8日、愛猫が亡くなりました。


この日、5年ぶりの南のリーフポイントへ向かいました。


台風23号が三陸沖を通過し外海は大荒れの中、このポイントの真価が発揮されリーフ・グーフィーの波としては宮崎トリップ日南市大浦ポイント以来のGOOD.WAVEを当てることが出来ました。


しかも、夜明け後のロータイド1、2時間は、私を含め4人のみの貸切り。風もオフショア微、サイズもアタマ半程でショルダーが張ったスペシャルな波でした。


この場所、この時間に出逢えた人と波待ちの間に笑顔で会話し、綺麗な波を3時間半堪能しました。


その後、風が強まり、ハイタイドも重なったため割れづらくなりました。また、エントリーしてくるサーファーも多くなり、ロングライド出来そうなセットを掴み、インサイドまで乗り繋いで上がりました。


駐車場に戻り、この時間共有した方々との波談義。こうやって仲間の輪が広がりをみせます。SNS 等を否定するわけではありませんが、趣味仲間の繋がりは、この地道な感じが自分には合っていると思います。


その後、冷えた身体を温めようとコーヒータイム。その時、母親からのメールが届いていることに気づき見てみると、愛猫が亡くなったことが綴られていました……。

海から上がったら、すぐに帰って愛猫の世話をするつもりでした……。



メールには、昨日22時までは生きていたようですが、母親が朝起きた時には既に息をひきとっていたということです。


そのメールを見た後、悲しみや寂しさで心が覆い尽くされ、家が近づくにつれ目頭が熱くなり、そこから溢れ出るものが多くなりました。


私の人生の半分を共にしてきた愛猫は、いつしか家族になっていたのでしょう。


家に戻ってみると、愛猫は歩けなくなってから寝床となっていた小さなダンボール箱の中で固くなっていました……。


私は両親の目も憚らず泣いてしまいました。


そっと撫でてみると、生前と変わらない毛並みで柔らかく温かな感触でした。


最期は力尽きたためか、口からは唾液、下からは大小の便があり、死臭のようなものがしました。


普段から仕事で人の死に直面しているのですが、死は決して綺麗なものではありません。むしろ、生物のありのままの姿がそこにあるのかもしれません。


そう、全ての生物は死して朽ちていくのですから……。


それでも、愛猫を愛おしく思えるのは、どんな姿でも愛猫は家族だったからなのでしょう。


家族の死には心が動じてしまいます。


亡くなったら火葬にするつもりでしたが、警報が発令されるほどの強風だったため土葬にしました。


そこで、私の家族だった犬や猫のお墓に埋葬することにしました。愛猫の母親や子供たちも眠る場所へ。


安置する穴を掘り、愛猫をそっと置きました。


お祈りと最後の別れを伝え、土を被せました。元のように平らにして、大きめの石を墓石として置きます。


そして、最後にドングリを3個植えました。愛猫を自然に還すために。


死んでも魂はいつまでも残ると言いますが、私も本当にそう思います。


私は彼女に何もしてあげられなかったかもしれませんが、彼女は私にいろんな感情を与えてくれました。


そして、亡くなった日も彼女は不思議な体験をさせてくれました。


強風の中、窓の外に止まっていた鳥。埋葬後、空高く鳴きながら飛んでいたトンビ。虫。そして、虹……。


寂しみや悲しみを抱くと彼女が心配して、仮の姿をして私の目の前に現れてくれのではないかと思えてしまいます。


この体験後、不思議と寂しさや悲しみは無くなりました。


言葉では上手く言い表せませんが、常識では考えられない現象や、そのタイミングで起こる不思議な出来事があるのだと思います。


翌日、一人で夜明けのドライブするため、南へと車を走らせました。


その途中、日の出と共に朝日に照らされた虹の欠片が空に浮かびました。


虹が出てきそうだなと思っていると地上と天空を結び、彼女が天に登ると思えるほどに虹は形を変え、さらに美しい虹色の天空橋となりました。


Over The Rainbow !
こんな綺麗な虹は、久しく出逢えていません。


美しい自然に包まれて、優しい気持ちになれたとき、彼女を思い出すことでしょう。


「いつの日か、天上の世界へ行くから待っててな。」

「その時は、名前を呼んだらニャーゴって鳴きながら寄ってきて、短い尻尾を立てながら足元ですりすりするんだよ。」


「ありがとう、ピッピ。」


愛する猫に曲を捧げます。
・海の声/BEGIN
https://youtu.be/-zQWavER7to

・蒼氓/山下達郎
https://youtu.be/idvW55b_Bdw

・GIFT /Mr.Children
https://youtu.be/uXCHuhixnDE

永眠……

愛猫が亡くなりました。のちほど、追記はします。


https://youtu.be/fJjY2MUjl38

続きを読む »

星に願いを



明け方の夜空にオリオンが輝く季節となりました。


みなさん、いかがお過ごしでしょうか?


今年も早10月に入り、残すところ3ヵ月。


そろそろ、冬の準備も始まる頃ではないでしょうか。


今日は爆弾低気圧が過ぎ去り、強い風が吹き荒れています。


先日、今年初の西高東低の冬型の気圧配置となり、岩手山では初冠雪となりましたね。


また、中秋の名月やスーパームーンもありました。


そして、秋といえば収穫の秋。


黄金色の稲穂も収穫され、表土と切り株のみの田園風景と移り変わっています。


紅葉も山から街路樹へと移行し、冬への準備が始まっているようにも感じられます。


最近の出来事として、福山雅治さんの結婚が大きな話題ですね。


私個人としては、風やうねりの向きが揃う季節となった北のリーフポイントでの波乗りが本格的に始まりました。


この波を愛するみんなが笑顔になれる季節です。


このポイントでの波乗りを雪山へ移行するまでの間、楽しみたいと思います。


また、先の台風での大雨により、宮城の祖母宅が浸水被害に遭ったため片付けに追われたり、大雨後の好天により稲刈りが始まり、無事終了したりと多忙な時期でした。


残すは脱穀作業のみです。


そんな中、時間を見つけては自転車で半径30km程度の散策に励んでいます。


そして、もう一つ。私の人生の半分を共にしてきた愛猫に死期が迫っています。


現在、20年と10ヵ月。


画像は先週の撮影したものです。寿命といえば寿命ですが、やはり寂しいものです。


つい先週までは元気だったのですが、現在では食も細くなり、水を飲むばかり。視覚、嗅覚は失われ、若干の聴覚だけが残っているだけで、同じ場所を右回りでウロウロ歩いています。


残りの日々が、彼女にとって健やかで幸せな時間であって欲しいと切に願っています。


彼女にこの曲を送ります。

https://youtu.be/_Bkeyt95e8k

| ホーム |


 ホーム