FC2ブログ

プロフィール

getokko

Author:getokko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス件数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

バッチテスト in 夏油

友人からYouTubeにクラウン受験時のライディング映像があることを教えてもらい、それを観ていたら当時の事を思い出したので記事にしてみます。



私はこの夏油高原スキー場で、1級、テクニカル、クラウンのプライズテストを受験しました。

目的はスキー技術の腕試し。



23歳で山形県の湯殿山・蔵王でモーグルを始め、その後、エア、大回転、スキークロス等の競技に没頭します。しかし、スキークロスの大会が、蔵王大会以降開催されなくなり、スキー意欲を失いかけてしまいます。

そこへスキー仲間から、「モーグルの板でテクニカルのバッチテストを受けて合格したよ。」と連絡があり、興味を持ちます。



私は以前1級を取得していたので、テクニカルからの受験となります。早速、受験を申込みます。
とはいえ、バッチテストを受験すると言ったものの、ずらしの滑りと線の滑りの違いくらいしかわからず、スクールにも1度も入ったことがなく全く未知な分野だったので自信は全くありませんでした。

そこで検定の練習していると思われるスキーヤーの後ろを滑り、大回り、小回りのターンの大きさや滑り方を学びます。
まず、驚いたのはターンの大きさの感覚の違い。検定の大回りは、自分の中での中回りくらいの感覚であり、私にとってはスピードが出始める前にターンするので少々窮屈なターンです。なぜなら、私の大回りはA4、B1コースを1ターンもしくは2ターンという認識なので(笑)。

数日後、テクニカルからは事前講習というものがあり、初めてスキーをスクールの方から学びます。この時、教えていただいたのがスクールのIsseiさん。一目に上手くて綺麗なライディングでした。この日、試験内容を一通り学びます。

しかし、教えてもらった事が1つも出来ずとても落ち込みますが、受験を申し込んでいたのでその週末には受験します。

当日、Isseiさんから「腕を広げ、とにかく勢いよくやれ。」と、アドバイスを貰ったのでウォークマンで好きな曲を聴きながらバッチテストに挑みます。

結果は合格。

しかし、テクニカルの滑りが全く理解出来ないままに合格してしまったため、バッチテストはこんなものかと勘違いしてしまいます。



テクニカル合格の勢いのまま、ろくに練習もせずに1か月後、オールファーストチャレンジ合格の期待を胸にクラウンを受験。

流石に結果は不合格。

クラウンは惨敗でした…。

全く得点が悪かったので、ここからバッチテストに向けた練習を開始します。特に整地小回り。
いろんな人に「コブを滑れるなら整地は簡単。」とアドバイスされますが、これが全くわからない。



不整地小回りは、コブ斜面なのでターンの切り返しがコブの配置に合わせて膝が動きオートマチックに滑れるのですが、何もきっかけのない整地でのターンは何故か難しいのです。

コブの中では余裕があるので、板のトップからエッジをコブの雪面にコンタクトし、板を踏み板をたわませそこからテールのエッジを走らせてジャンプターンに繋げたりします。
また、テールのズラシだけでスピードアップさせたり、逆に板をコブの雪面に貼りつかせるようにしてスピードダウンしたり、コブのあの部分にだけ、板を合わせてモーグル滑りしたりと結構自由に出来てしまいます。
(※あの部分とは、なんというか自分の感覚の中でのライン上にあるちょっとしたコブの凸部分。上手く表現が出来ずすみません…。)



基礎系の滑りの場合は、板を横に振らないとターンしているように見えないので、個人的にはテールエッジの最後まで使ってターンを仕上げるように滑っています。

スクールで作った基礎コブであれば、かなり間延びしていることが多く滑りに余裕出来ます。余裕がありすぎるのでコブを滑っているという感覚が薄れてしまい、個人的にはリズムが悪いので苦手です。それに達成感がないので、モーグルコブのようにピッチがかなり細かいものを好みます。

とはいえ、きっかけを自分で作らなければならない整地小回りはどのように滑るのでしょうね?!

私は感覚的な人間なので、言葉で教えられてもなかなか理解に苦しんでしまうんです。

結局、練習で整地小回りの納得できる滑りを出来ず仕舞いでしたが、スクールのKyokoちゃんの事前講習を受けた後、2度目のクラウンを受験します。



今回もウォークマンで好きな曲をリピートして聴きながら受験します。
不整地大回りの検定バーンは、パウダーが滑り尽くされた荒れたC3コース。普段のように荒れたバーンをターン数だけ決めて滑ります。スピードはあったのですが、少し安定しすぎたと感じます。



https://youtu.be/kBcrAk2qUic

整地小回りは、なるようになれとリズムだけ取りながらエッジングの滑り。この種目だけは、最後まで納得した滑り方が出来ず合格点は取れませんでした。

総合滑走は、高速でロングターン、バーン途中でショートターンを4ターンと、コース脇の段差で軽めのエアを混ぜて纏めます。この種目は楽しめたし、遊びも混ぜて滑れたので、自分のスタイルがしっかりと出せたと思います。点数は不確かですが、加点あり。



整地大回りは、ただスピード勝負で滑ります。映像を観ると、楽しかったからかゴールで声を出してます(笑)。
何ターン目か忘れましたが、スピードを出すことばかりに気を取られてしまい、ちょっとコース幅が足りないライン取りとなってます(笑)。



やっぱりバッチテストでいう大回りは、自分の中では中回りなのです。
バックカントリーのビッグバーンで滑るのが私にとって大回り。それはT先輩と共感している「マックスターン。」なのですが、全くもってターン感覚がリンクしませんね。



https://youtu.be/zaQqIvWK2_w

不整地小回りは、やっぱりモーグル出身のスキーヤーとしては見せ場だと思っています。そこで多くの受験するスキーヤーは敬遠するピッチが1番細かいコースを選定します。

https://youtu.be/6BKutfgq3_A

この種目は、不整地の斜面とされたコースで小回りすればコブを避けても良いのですが、やっぱり1級より上位の検定でコブを滑れないのは情けないと思うし、せっかくのチャレンジなのに自分としても納得出来ません。



順番が迫ってくると、1度目の受験で転倒し不合格になっていたので少し緊張したのを覚えています。
ウォークマンから聴こえる曲で、スタッフの声が聞こえませんでしたが、スタッフの合図だけを確認し、歌を口ずさみながら滑り出します。



前回の転倒を教訓に、最初は少し抑え目に滑ります。ところが序盤の4ターン目で深めのコブで体勢が崩されてしまいます。なんとか上半身の抱え込みで持ちこたえ中盤を迎えます。
ピッチに合わせ、少しスピードを出しながら滑り、ズラシと抜きを混ぜながら、ラストのスピード勝負のモーグル滑りを仕掛けるタイミングを見計らっていました。しかし、仕掛けようとしたときにはコブが無くなってしまい、自分の滑りを出しきれずフィニッシュ…。



自分としては、スタートからゴールの中で自分が持てる滑りの種類を全部出したかったのですが、コースの長さが足りなかったというか、コブがもう5、6個欲しかった感じです。



全ての種目が終わり、結果発表を待ちます。

結果はクラウン合格。

このクラウン受験が、自分の中では約10年間やってきたスキーの集大成かなと思っていたので、合格翌日からはスノーボードに転向し、雪山でサーフィンすることを念頭に2シーズンやってみました。



検定を受けなくても上手い人は数多く居ますが、検定という技術的な規格をもって自分の滑りを照らし合わせることにより、自分の技術がどれだけなのかがはっきりとわかります。

同時に、スキー操作とフォームの表現の仕方が理解でき、人に見られながら一回きりの滑りということで、自分の度胸も試される良い機会でした。
私はバッチテストを受験して良かったと思います。



私は昔から指導受けてきたスキーヤーではないし、自己流で滑ってきたスキーヤーです。

自分のように「雑草の滑り」の中に、検定で必要とされる滑りの引き出しがあったことが嬉しかったです。
中でも、スキースクールに1度も入らないで検定に合格できたのは自慢かな(笑)。

今思えば、夏油ローカルの中でもスノーボーダーと滑っているスキーヤーは自分だけだったし、夏油に戻ってきてからはパウダーとジャンプばかりしていたので、クラウン受験すると公言したとき、周りのスキーヤーから笑われたりしましたね(笑)。



自分のチャレンジが達成出来て本当に嬉しかったです。

この検定を通してスキースクールの方々や基礎系のスキーヤーのみなさんと知り合えた事が1番の成果だと思います。

https://youtu.be/wQsrp5ba0r8

その後のスノーボード転向で、更に知り合えた人が増えましたが(笑)。

結局、雪山を楽しむ秘訣は人とのふれあいなのかもしれませんね。

下の写真の故・清水さんも、当時一緒に滑っていた仲間の一人です。清水さん、楽しいスキーライフのひとときをありがとうございました。



合格は出来ましたが、まだまだ上手いとは言えません。しかし、楽しく滑ることだけは自己満足ですが、誰にも負けないかなと思ってます(笑)。

雪山を楽しく滑っていろんな人に出逢い、その出逢いから良いとこ、上手いところを吸収していきたいです。
それとともに、みんなと雪山の楽しさを共有しながら、高めあっていきたい思います。



これからチャレンジされる方へアドバイス。

「素敵な勘違いで、自分に自信を!」

自信無さげに滑るよりも堂々と滑った方が格好いいし、もし不合格点だとしてもはっきりと合格の滑りとの違いがわかりますよ!

最後に、整地の小回りは全く理解せずにバッチテストが終わってしまい、とても残念です(笑)


共感できる歌詞です。フルバージョンでどうぞ!

やってみよう フルver / WANIMA
https://youtu.be/UzMamUEdlMI

栗駒バックカントリー①



初栗駒へ行ってきました。



今回のメンバーはSさんと私。Sさんが作成したスプリットボードのテストと栗駒バックカントリーの調査が目的です。



いつもこのトンネルが曲者ですが、今回はしっかりとライトオフ。



いこいの村駐車場に到着してみると他のクルマは一台も無い状況でした。準備しているとスノーシュートレッキングの一台が来ただけで、山頂を目指すのは私達のみ。



あれが無いこれが無いなどと言いながら、のんびりと準備します。Sさんの新しいスプリットボードは自作品。既製品ではないため、試行錯誤したそうです。



私も後ろから追いかけます。天候はくもり。新雪は20センチ程度。山頂は見えない状況でしたが、風は無く、比較的暖かく感じます。



東栗駒は雲に隠れています。



いつもなら直線的なコースを辿るのですが、雪が少なくブッシュが多いため車道をハイクルートに選定します。



3月頃の積雪にはまだ程遠く、木々に付けられていたピンクのマーキングテープが幹の高い位置にあります。



ここで「雪虫」の大群を発見。3月くらいによく見かける昆虫なのですが、何故この時期に出てきたのか?不思議です。



車道のガードワイヤーが外されていたので、いつもなら板を外してワイヤーを跨ぐのですが今年は楽々です。



車道の積雪は少なく、たまにアスファルトが顔を出している箇所もあるため、ソールやエッジを傷付けないように気をつけてハイクします。



二人とも初ハイクに身体が慣れていないのか、それとも単に体調が悪いためかかなりスローペース。予定していたポイントの到着時間にはなかなか合いません。



依然として栗駒本体、東栗駒は雲に隠れたまま。



そんな中、予定より一時間遅れでいわかがみ平に到着します。



この付近は風が強いためか、駐車場の積雪は2~3センチ程度。ブーツで歩くとアスファルトが出ます。



雪不足は否めません。



いままでのところ、ギアに問題はなし。



いわかがみ平の標識の岩に腰かけて軽く軽食を摂り、さらに調査を進めます。



沢は全く埋まっていませんでした。沢ルートは不通ですが、ブッシュはあまり酷くないので沢の西側がハイク可能です。



ここで天候に変化が。いままで隠れていた太陽が徐々に顔を出します。



風もないので、ハイクとともに汗が出てきます。太陽の出現で気分も上々、ハイクのスピードが速まります。



すると東栗駒と栗駒本体が、青空と共に視界に現れます。



体力的にもそろそろ下山かなと思っていたところに奇跡的な光景。



そこで気象情報をチェックします。



Sさんと山頂を目指すことで合意します。さあ、ここから山頂まで一時間半ハイク開始です。



しかし、栗駒本体へと取りかかろうとした矢先、突然ホワイトアウトに見舞われます。



少し状況を見極めようと立ち止まりますが……。



視界が悪くなる一方であり、遭難のリスクもあるため、ここで登頂を諦め下山することを決めます。



早速、下山準備に取り掛かります。



まず、滑走面からシールを剥がし、板・ビィンディングを組み立てます。



バックを背負い、ブーツに板を装着し滑走態勢が整い下山します。



下山ルートは、未調査の中央登山道ルートを選定。



中央登山道ルートは、いつもであればウィンドクラストしているため、硬く凸凹しているため滑走は困難なのですが、現在はフラットで新雪。



そのため、快適に下山出来ました。いわかがみ平に到着すると、先程の日光で駐車場の雪が解けてアスファルトが剥き出しになっていました。そこで駐車場を迂回し、車道へ出ます。



車道を滑走し、崩落斜面まで移動します。



この崩落斜面での滑走が、今日唯一の気持ちのいい場面となりました。
※Sさんの滑走ルートと自分が待ち構えていた場所が異なり、撮影出来なかったのが残念でした。Sさん、ごめんなさい。登った割には、スキー場と違ってなかなか良い斜面はありませんね。



いろいろありましたが、無事、いこいの村駐車場に到着。



今回のアタックでの反省点は、ブーツのハイクモードを使わないでしまったこと。ハイクモードを使わなくてもハイクは可能ですが、スノーボードのブーツに比べスキーブーツは足首の可動範囲が小さいため、極力ハイクモードを使用した方が移動しやすいものと考えます。



あと、ナイフとヘッドライト、鎮痛剤、そして予備バッテリーを次回から携行しようと思いました。



ではまた。



Kaj Zackrisson winning line at Nissan Xtreme 2010 by Swatch ...
https://youtu.be/x5Oi_UlvY0Q

大寒

二十四節気の第24。
冬の季節の最後の節気。



寒さがさらに厳しくなり、1年中で最も寒い時季です。小寒から立春までの30日間を寒の内といい、大寒はそのまん中にあたります。



寒稽古など、耐寒のためのいろいろな行事が行われます。また、お酒や食べ物等の「寒仕込み」も行われます。



そんな中、先日からの寒波のため新雪が降り続きます。コースはほぼ毎日パウダーです。



未圧雪コースでは底付きすることもありますので、コースコンディションを確認してから突入してみてください。



(突入するときは、ヘルメット着用していたほうがいいですよ~!



まさか、ゲレンデにスノーボードriderが現れると思いもしませんでした(笑)。フルフェイスは目立ちましたよ!)



夏油も林間コースを解放。ですが、現在はとても快適に滑れるわけではないので立ち入らないほうが無難ですね。



林間コースに入る場合は、ブッシュや立木には細心の注意を!また、沢を渡るときは沢抜けの可能性がありますので板を外さないようにしてください。



安比高原スキー場から来客。元夏油ローカルなので数年ぶりの再開となりましす。



安比スキースクールの方は、やはり滑走フォームが綺麗で無駄な力が入っていません。



また、ガイド資格も取得されており、要請があればどこへでも伺いますよと。



さすが有資格者は風格がありますね。安比に行ったときは、よろしくお願いします。




さらに今回はスペシャルゲスト。ドラマや映画、最近ではauのCMに出演中の松田翔太くん。



彼とは知らずにCコースを3本ほどセッションしました。スピード、滑走能力も高く、ノーストックで滑ったりとスタイルあるスキーヤーでした。



クワッドでの会話や滑走後の握手もしたし、ゴーグル外した姿も見ていたはずなのに全く気付かず、一人のスキーヤーとして楽しく接してしまいました。



あとで彼だったことを聞いたとき、もっとセッションすれば良かったなと少し後悔(笑)。



今回はスノーボードcrewで彼だけスキーヤーだったので、次回は夏油スキーチームでいろんな斜面へ連れていってあげたいですね!



松田くん、オフ日にでもパウダーを滑りにまた夏油に来てくださいね~(笑)



今回も松田君のために、この曲を。

「やってみよう」
music by WANIMA

https://youtu.be/ctslJenM7tg

正しいより 楽しい!

正しいより 面白い!

やりたかったこと やってみよう。

失敗も思い出。

はじめよう やってみよう。

誰でも最初は 初心者なんだから!

やったことないことも やってみよう。

苦手な相手とも 話してみよう。

知らなかったこと 見たことないもの、

あたらしい 楽しい!

正しいより 楽しい!

やってみようか?!

倒れるなら 前に倒れよう!

やって後悔などすることないさ。

理由なんていらない。

やってみよう!

初寒波



新年を迎え、早半月が経とうとしています。寒い冬になると天気予報では言われていましたが、先日まで平野部には全く雪が無い状況。今年は昨年以上に予報が立てにくい天候となってしまわないかと不安になります。



そんな日々が続いていましたが、週半ばから強い寒波が入り込み大雪となりました。



夏油の積雪も一気に回復し、ホームページにおいて山頂で370センチをマーク。ツリーランコースを解放したいスキー場側としても嬉しいところでしょう。



しかし、沢は埋まっておらず、低木の成長も早いため、まだツリーランコースの解放にはもう少し時間がかかると思います。



今回の寒波でようやく夏油以外のスキー場も続々オープン。私たち、スキーヤー・スノーボーダーにとっては選択肢が増えて、ますます雪山が楽しくなりますね。



さて、とある朝、大雪となりスキー場へ出発する時間を過ぎても自宅の雪かきがなかなか終わらない始末…。入浴し雪かきでの汗を流し終わったところに、S先輩からのメールが入ります。



先輩も雪かきがなかなか終わらず出遅れたことに加えて、平地でのこの積雪を考えると、夏油は雪が降りすぎてコンディションは悪いと判断し、奥州市衣川区にある国見平スキー場行きを打診されます。



俗に言う「スタック警報」ですね。滑走出来ても直滑降しか出来ず、コースの大部分ではスピードが全く出せずにスタックし、コース内遭難へと…。スキーヤーでも大変ですが、スノーボーダーにとっては地獄ですね。雪の大国・夏油ならではの警報かと思います(笑)。



国見平スキー場に現地集合。やはりコンディションは最高。アタリでした!しかも、客数も10数人。10時過ぎからの滑走でもパウダーは有り余っていました。



さらに、この日は木曜日限定・2000円でリフト券、食事、温泉入浴付き(笑)。至れり尽くせりです。



波乗りの先輩たちとも遭遇して、一緒にランチ。価格は良心的で旨い!



翌日は予定があったため、1時間半だけ夏油を滑走。前日よりは平地での降雪が少なかったので行ってみると、急斜面限定で最高なライディングが味わえました。



B-2、3以外のコースは斜度が緩すぎて失速してしまうため、前走者のトラックを直滑降し急斜面に突撃します。



すると、頭まで雪に潜り、そして浮き上がるドルフィンターンが完成(笑)。特に、Kさんのドルフィンターンと、H先輩のB-2ビッグスプレーは見事でした!
※H先輩のスプレーを撮影して、皆さんにもお見せしたかったです…。



A-3、B-2、B-2、B-3からC-1を流しフィニッシュでした。前日、直滑降しか出来ないコンディションだったことを思えば、この日は最高だったと思います。
スノーボードならスキーよりもターンが楽しめたのかもしれませんが、スキーでの頭まで潜ってしまうドルフィンターンも最高なんですよね!



この日、夏油に集まりしメンバーは、皆笑顔を浮かべて眠りに就いたことでしょう!
皆さん、お疲れ様でした!




今回はこの曲。

「やってみよう」
music by WANIMA

https://youtu.be/ctslJenM7tg

正しいより 楽しい!

正しいより 面白い!

やりたかったこと やってみよう。

失敗も思い出。

はじめよう やってみよう。

誰でも最初は 初心者なんだから!

やったことないことも やってみよう。

苦手な相手とも 話してみよう。

知らなかったこと 見たことないもの、

あたらしい 楽しい!

正しいより 楽しい!

やってみようか?!

倒れるなら 前に倒れよう!

やって後悔などすることないさ。

理由なんていらない。

やってみよう!

謹賀新年



新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。



年末年始は、年末から年越しまで仕事続きで、年明けが休暇だったのであっという間に過ぎた感じです。



時間が出来たので夏油へちょっと滑りに行ってみました。今年は昨シーズンよりも雪が少なく、他のスキー場が営業休止または一部滑走可能という状況なので、夏油へスキー客が集中し、クルマが駐車場からあふれ道路に路駐なる程とても混雑していました。



そんな夏油でも積雪量は山頂で170センチ程度にとどまり、昨年の同時期の積雪量と比較すると昨年以上に暖冬であると思います。長期予報でも例年より高温になると発表があり、当初の予報が変更されています。



今季もパウダーは雪の王国夏油でも貴重なものとなりそうですね。他のスキー場はいまだに滑走不可のところが多いので、贅沢は言わず雪が降ったら滑りたいと思います。



そして、年越しですが、今年も昨年同様に職場で迎えました。今年は道路にも雪が無く乾燥していたので、事故等も少なく平和な新年を迎えられたのではないかと思います。それはそうと、たまには年越しを家で迎えたいものですね。



さて、「1年の計は元旦にあり。」といいますが、今年は元旦から三日間ジョギングを実施しました。



元旦は勤務明けで帰宅したのですが、疲れて寝てしまう前にと走りに出掛けます。外はたまに太陽が顔を出しますが、雪が降っているコンディション。ただし、風は無く、気温は比較的暖かく感じました。



外を走るのは雪が無い季節だけなので、私の地域で新年にジョギング出来ることが、とても不思議な感じがします。



突然ですが、初ラーメンは味よし(笑)。寒い季節なので、やっぱりラーメンは旨かったです。



翌日も走り、その翌日も走りました。走り過ぎたせいか少し膝が痛みますが、2、3日大人しくしていれば回復すると思います。



初走りの後は、初波乗り。波は小波でしたが、風もなく、朝日が綺麗に映し出されるフェイスです。



フィンをRTM HEX FAMT ROBBERに替えてから、お気に入りのクイーバーになったHaydenshapes・HyptoKrypto、5.6。この板できっちりセットを3本ライド。



それにしても、流石に1月です。先日、波乗り納めした時よりも水が冷たく感じます。なので、今回の初波乗りは春まで波乗り納めとなりそうです。やっぱり、ドライスーツが欲しいなと(笑)



ここで今年のSNOW LIFEの抱負を。一昨年、昨年と膝が痛み思うようなシーズンを過ごすことが出来なかったので、今年は少しづつでも楽しくシーズンを過ごしたいと思います。



普段、普通に動く身体が、怪我して不自由となり、雪山を滑れない辛さを二年間味わいました。



整形外科、整骨院へと通い、膝の強度を上げれば滑れるかなとジムに通ったり、強がってはいましたが辛い日々でした。



それでも調子がいい時はスキー場へと足を運びますが、また痛み出します。



結局、怪我は完治しないままだと、少しの回復と怪我の悪化を繰り返す悪循環に。



なので、今季からは自分の体調を把握し、自分の調子をみながら滑りに行きたいと思います。



そう考えると、いつも一緒に滑っている先輩たちには敬意を払いたいと思います。



特に、還暦を迎えられたスキーヤー、スノーボーダーの方々へはリスペクトします。



現在の自分よりも身体の不調は明らかにあると思いますが、それをモノともせずに楽しく滑っている後ろ姿がとてもかっこいいです。



本当に滑り続けることの難しさを感じていますが、好きなことはずっと続けていきたいものですね。



長くSNOWLIFEを続けていると仕事や体調不良、怪我等で滑れない月日がありますが、それを乗り越えて滑っている人がほとんどです。



その経験が糧となり、滑ることへの楽しさをより感じることが出来るのだと思います。



先輩たちのように、誰かが滑れない日々を過ごしているならそれを分かち合い、滑り続けるかっこよさが背中から滲み出るスキーヤー・スノーボーダーになれたらいいなと思います。



それにしても、国見平スキー場が今季限りで休止の可能性があるので、国見平のシーズン券購入を検討していましたが、積雪がなくオープンしていない現状を考えると、購入を見合わせて良かったなと……。夏油で良かった。ほっ……。



平成29年が、みなさんにとって幸せな一年でありますように。



それでは、またゲレンデで。



今回の紹介する曲は、約10年前に毎週末夏油に来ていた日本在住の外国人集団が作成した映像のタイトルと同じ曲です。「good time」。
https://youtu.be/_Ee76C_RBWM

ともにオリジナル曲ではありませんが、素敵なので聴いてみてください。
https://youtu.be/S3NFx25UJFg










続きを読む »

| ホーム |


 ホーム