FC2ブログ

プロフィール

getokko

Author:getokko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス件数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

念願のスズキ!



初夏から再開した海釣り。



シーバスことスズキを、どうしても釣り上げたくて、釣果の上がっている各地の河口に赴き、ルアーのチョイスや釣行の時間帯を悩むこと5ヶ月。



ようやく念願のスズキを釣り上げました。



釣り上げたルアーは、Bassday レンジバイブ 70es。



朝イチ、デイゲーム、夜釣りと様々な時間帯を活動してきましたが、結局釣れたのは日中でした。



この日は波乗りを済ませ、午後からのアタック。



キャストしたルアーが橋の橋脚に当たり、ルアーが真っ二つに折れる事件から始まり



次の事件はかかった魚がスズキではなく、70センチ級のマルタウグイ(笑)
竿が折られそうな強烈な引きでしたがと、水面に現れたのはコイ科の魚。間違って鮭がかからなくて良かったなと一安心。



そして、テトラ沿いのストラクチャーをレンジバイブで攻めてみたら、ゴン!



根掛かりか、またマルタかなと思いきや、水面に光るシルバーの魚体。明らかにYouTubeや雑誌で見ていたスズキです。



そこからは、慎重にリールを巻きながら引寄せ、網で陸に上げます。



待ち憧れていたその魚は、52センチのスズキでした。



嬉しくて写真を撮りました。
その後、バケツに水を汲み、その中へスズキを入れ、キャストを再開。
釣れた勢いで2匹目と目論みましたが、やはり釣れず……。



やはり、そんなに甘くはありませんね。家まで生きたまま持ち帰ります。血抜きを済ませ、三枚におろします。



オリーブオイルをフライパンで熱し、刻んだガーリックを炒めます。
その後、オニオンスライスを一緒に炒め、その後ホールトマトを投入。ワインや調味料で味付けし、トマトベースのソースが完成。
パスタを茹でながら、スズキのソテーを作ります。
パスタが茹であがったら、パスタを皿に分け、トマトソースをたっぷりと盛り付けます。
その上にスズキのソテーを添えて、レモンと葉っぱを飾れば、「スズキのトマトソースのパスタ」が出来上がり。



大自然から命をしっかりといただきました。
釣りも命と命のやり取りだと思っているので、釣った魚はしっかりといただきます。



次は何が釣れるかな?
今年いっぱい狙ってみます。



それではjazzからこの曲を。
https://youtu.be/21LGv8Cf0us

清水さんの命日



清水さん、天国での生活はどうですか?

こちらはみんな元気にやってますよ。

今年も冬将軍がやってきますよ(笑)

※知りませんでしたが、冬将軍の由来は、ナポレオンのロシア遠征での敗戦なのですね。

立冬を迎えて



山形蔵王での初雪。
そこでの素晴らしき紅葉。
大学時代の仲間たちとの再会。
とても良き時間を過ごすことが出来ました。



ジャズ誕生、100周年。
この歌をどうぞ。

Not King Cole.「L-O-V-E.」
https://youtu.be/cjMs1yQwGfA

glee.「L-O-V-E.」
https://youtu.be/4kQ2ooOuv8k

THE DAY !



「THE DAY!」



10月下旬のある日。
とうとう、その日がやってきました。



台風スウェルが、「north paradise.」へ届き、波長と風がマッチし最高な波に出逢うことができました。



リーフ。
無風。頭~頭半。セット間長いものの波数適度。



テイクオフからボトムに降り、スピードを上げてリップへかけ上がります。



大きく早めな波が多いですが、たまにショルダーがとても広い波もあり、ラウンドハウスカットバックが決まります。



そして、チューブメイク。



リラックスしたテイクオフからボトムターン。



2、3ターンして、一度軽めのトリミング。



すると、リップが早めに崩れそうだったので、折り膝のように体勢を低くし突っ込みます。



すると、外部の音が遮断され、周りがグリーンルームへと。



2、3度しか入ったことがないチューブですが、今回はチューブインする前に軽めのトリミング出来たことでゆとりが生まれ、初めてチューブを堪能することが出来たのだと思います。



それにしても崩れてくるリップが直撃するため、チューブインすることだけでも難しいのですが、この日は私のリズムと波のリズムがシンクロしたのでしょう。



岩手に帰ってきてホームとなった「north paradise.」は、本当に最高です。人も波もロケーションも。



帰り道の夕焼けを見ると寂しさに包まれてしまいそうでした。

| ホーム |


 ホーム