FC2ブログ

プロフィール

getokko

Author:getokko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス件数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

栗駒①調査

今季、初栗駒を目指す。



前日の登山指数はA判定。就寝前に準備を済ませた。
朝、目覚めると天候は曇り。一路、栗駒を目指す。



道中、栗駒山頂が望める。
今季は地形の変化や積雪、雪のコンディション、雪崩の発生状況を確認するため、厳冬期であっても月1は栗駒に挑んでみたいと考えている。



駐車場に到着。
駐車場には他に一台が停まっている。



準備を開始。昨シーズンの初BCでは多くの忘れ物を経験しているので、その反省を踏まえ1つ1つ確認しながら装備する。
今回は斜面を滑走しないので、オスプレイ42リットルのザックを用意。



御守りのビーコンも電池の残量を確認し、送信・受信の動作確認する。アイプローブの動作確認も合わせて行う。



板はHEAD REV105をチョイス。虚空蔵で折れてしまったブラックダイヤモンドのポールも、修理から戻り戦線復帰。



※サロモンはQ-LAB105はメタルが入っているため今回は見合せた。



ハイク開始。今季はスクワット等で筋力強化しているので、初ハイクではあったがあまり脚への疲労は感じられない。



GPS代わりに購入したCASIOのtorque01で、ログを取りながら進む。



常時使用しているスマホは最終手段のライフラインとなるため、航空機モードとし写真撮影時のみの使用することにしている。



東栗駒はまだブッシュが多く感じるが、1~3番ストレートの雪屁があまり発達していないため滑走可能と考えられる。視界が悪い時のサブラインとして今後も観察していきたい。



いわかがみ平に到着。



まだまだ積雪量が少なく、駐車場のアスファルト路面が露出している。



周囲を見渡すと建物の多くが、未だに雪による埋没を許していない。



いわかがみ平まで飲料水を半分以上残し、栗駒山頂へとハイクを開始する。



ルートは新湯沢。
沢は未だ埋まっていない。



積雪不足が否めない状況。



雪面もハードクラストであり、ハイクが困難。そこでクランポンを装着。クラストした雪面でもスムースなハイクが可能となる。



遠くに月山、蔵王、オニコウベが見える。視界も良好。



稜線に差し掛かると風が若干強まるが一瞬であった。



大日沢、御沢の景観。



難なく登頂成功。



ハイク開始から他者のラインを見ておらす、県警ヘリ一機と遭遇しただけ。全くのオンリーワン。



山頂から鳥海山が確認できる。



焼石連峰も眼下に。



御沢滑走ラインはしっかりと雪を蓄えていた。しかし、今回は体力造りと栗駒調査が目的であったため、御沢滑走は次回に持ち越す。



山頂直下の大日沢に3ターン刻み、栗駒を後にする。



次回は滑走目的で栗駒を目指したい。



では。

続きを読む »

初観音



「初観音」とは、今年はじめての観音様の縁日。
縁日とは、神さまや仏さまと、この世の人々が縁を結ぶ日。



観音さまは毎月18日、お地蔵さまは24日、お不動さまは28日、というようにそれぞれに日が決まっていて、この日に特定の寺社にお参りをすれば、いつも以上の功徳を得ることができると言われています。



観音さまとご縁を結びたいなら、毎月18日にお参りするわけですが、今年はじめての縁日となる「初観音」は、さらにありがたい日となります。



そんな1月中旬となり、越路スキー場を主体として滑走していましたが、年末年始と第1ゴンドラ故障の混雑から解放されたであろう平日のある日、久々に夏油へ行ってみました。



いつもの位置で準備していると、続々と先輩スキーヤーのみなさんが登場。雑談しながら滑走準備をします。



なかには朝イチの滑走を終え、スーツに着替えて出勤支度を済ませる先輩も。
※Bさん、海でのシューティングも今年は挑みましょう!



そして、第2ゴンドラに乗車。



Bコースはやはりカービング!
スキーもスノーボードも板のトップからテールまでしっかりと使った滑りが個人的にカッコいいなと思います。



カービングはスタイルが際立ちます。



個人的には今年は小回りも練習してみようかと。コブは滑れるのに整地小回りが苦手(笑)。



ちょっと整地というか技術面の強化にトライしてみようかなと思っています。



ズラシの小回りというかなんというか。いろんなスキーヤーからアドバイスをいただきながら滑ってみたいと思います。



それと帰り際、captainAが眺めていた先のあのピーク。条件が合えば挑んでみたいと思います。



そのためにまずは調査と鍛練を兼ねて、来週あたり栗駒へ行ってみたいと思います。



それにしても、captainAかっこよすぎます!リスペクト。
自分をスノーボードからスキーに引き戻したのは、Cー1コースを滑ってあっという間に追い越していったあなたの滑り。
やっぱりスキーはスゴいんだな~と実感させられました。
昨年、滑れなかった分、今期は一緒に滑りましょう。

寒の入り



書き初めしてみました。
書いた文字は「寒の入り」。新年となり小寒を迎えました。これからが寒さが一層厳しくなります。
巷では、インフルエンザが流行しているようです。みなさん、体調管理には十分気をつけていきましょう。



さて、時間をみつけ初滑りしてきました。場所は奥州市営越路スキー場。



スキースクールも常設されています。フリーに滑っている私ですが、いつかスタッフになる日もあるのかなと期待やら不安が…。スキーの技術より、スキーで笑顔になる方法しか教えられないと思います(笑)。



スキー場の規模としてはペアリフト一基、コースはロングターンが気持ちよく、中級くらいの斜度で地形が適度にある2本。スキー、スノーボードを始めたばかりの子供たちからシニアの方まで満足できるスキー場です。



右回りが初中級者向けコース。



左回りは中級者向けコース。



昼頃までコーデュロイのピステが残ります。



リフト係のおじさんは優しくエスコートしてくれます。



大雪警報時の降雪後はパウダーが食べまくりとなりそうです。斜度が足りない感じもありますが、スノーボードなら問題ないと思います。



今回も夏油ローカルと遭遇。



レジェンド最長老Hさん。



2本一緒に滑りました。板を新調し、調子が良いようで軽快なライディングをしていました。



80歳を越え、なお向上心を持ち続ける彼の姿がかっこよく見えました。



夏油の第1ゴンドラの故障が、かなり長引きそうな感じがするので今シーズンは夏油以外のスキー場も足を運んでみたいと思います。

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。



今年もよろしくお願いします。
「笑顔」で暮らしていけたらいいなと思います。



新年を迎えましたが、昨年末は初滑り以降、大雪に見舞われ毎日雪かき地獄と化していました。



そのため、両親だけに雪かきを任せるわけにもいかず、雪山は断念しました。



その間に第1ゴンドラの故障が発生し、年末年始の大混雑が更に激しいものと予想されたので、近くの奥州市営・越路スキー場へと足を運んでいます。



何故か夏油ローカルと遭遇し、セッションしたりと面白いです。



混雑している中で滑るのも嫌なので、第1ゴンドラが復旧するまでは出来るだけ夏油回避したいと思います。



雪かきの合間に新年の準備も済ませ、大晦日から元旦を家族で過ごします。安室奈美恵のファイナルツアー、チケット取得頑張ってみようかな(笑)。



元旦は、早朝から初日の出と初波乗りへと本吉を目指します。



途中、蘇民祭で有名な黒石寺で元朝詣りを済ませました。
午前4時半ということもあり、参拝客は誰も居らず静まり返った境内。自己の精神を整え、神様への新年の挨拶することができたと思います。



本吉へと向かう途中、恐怖のミラーバーン。時速10㎞でも止まりませんでした…。



なんとか、夜明け前に無事到着。
海辺に着くと、初日の出を見ようと数十人が集まっています。



そして、初日の出。



初日の出に一礼し、初波乗りへとポイント「north paradise.」に移動します。



アウトで割れている波を確認しウェットに着替え、このポイント用の板を片手に向かいます。



初日の出に照らされた大きな波。
セットの後を見計らってエントリーします。
カレントが激しく、また切れ目がなかなか見つからず、アウトに出るのが大変でした。



アウトに出たのも束の間、それまで以上にカレントが激しくなり、波を捕まえるどころではありません。



エントリーから40分。パドルを続けますが、自然のパワーに完敗しスープを捕まえ上がりました。



2日は仙台新港へ。冬型が強まり、朝からオフショアが強く、前日からのうねりが相殺されます。



波はBAD コンディション。
結局、初波乗り2日間、天気は良かったのですが、その他は自然の力に翻弄される結果となりました。



自然の美しさと厳しさを感じました。



雪山では雪崩や遭難があります。自分を過信せずに、大自然に遊ばせてもらっている気持ちを忘れずにいきたいと思います。



今年は波乗りも雪山も上手くなるぞ~。
頑張ります❗



それでは今年はこの曲から。
今年は平昌オリンピック、サッカー・ワールドカップとスポーツ目白押し!
ニッポンを応援しましょう。

https://youtu.be/p-RLC9ZgjhY

では、夏油で!

| ホーム |


 ホーム