FC2ブログ

プロフィール

getokko

Author:getokko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス件数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

祭りのあと

平昌オリンピック、岩渕麗楽ちゃん惜しかったですね。夏油のみんなでライブ観戦し、麗楽ちゃんを応援しました。



怪我なく、スノーボードが楽しいと思えた大会であったなら、それだけで良かったと思います。



小さい時から見守ってきましたが、これからもニコニコ笑顔で楽しく滑るあなたを応援してます。



オリンピックは勝負の世界。金メダルの選手もメダルに手が届かなかった選手も、全ての選手にそれぞれの感動ストーリーがあると思います。
華麗な世界の裏に地道な努力や苦悩が必ずあるはず。



だから、スポーツは素敵なんですね。感動をありがとう。



さて、今年も無事に黒石寺蘇民祭が終わりました。本年も私にも、皆さんにも悪いことが起きない一年でありますように御祈りします。



その蘇民祭当日、仕事の仲間の訃報が入りました。自ら命を絶ったようです。



天から命を授かった私たちは誰しもいずれそのカラダの動かなくなる日がやってきます。



その人生は楽しいことばかりではなく、耐え忍び辛い時や悲しい時もあります。人生の大部分はその辛い日々の方が長いのかもしれませんね。



しかし、社会の中で生活していると、ふとした瞬間に見上げた空に温かな陽射しがあったり、子供たちの姿を見てあたたかい気持ちになったり、人との会話の中で人のあたたかさを感じることがあります。
自分にとって、このあたたかさこそが命を実感する瞬間なのかなと思います。



やっぱり命を自ら絶つことは絶対にいけないと私は思います。
戦争や災害、または事故や病気で亡くなることもありますが、その人たちは「生きたい」という意思をもって死に臨みます。
自ら死を選ばなくてもいつか寿命はやってくるのだから。



生きる意味とは何なのか。しあわせとは何なのか。



こんなに文明が高度になった現代となっても、わからないことばかりです。



しかし、昔も今も変わらず、小さな親切がほんの小さなしあわせに繋がるのだと思います。



気温マイナス12℃。祭りという名の戦(いくさ)が始まった頃、まだ夜明け前で周りは暗く静寂に包まれた中、「ジャッソー、ジョヤサ。」と、男たちの掛け声が山寺に響きます。
取り主ではありませんでしたが、今年は無心で2番。
自分の五感総てで体当たりした戦のあと、ふと見上げた空は夜が明けて青空が広がっていました。



「私は家族や仲間がいるから生きている。」
深くは考えず、ただそれだけで良いのだと亡くなった仲間の顔と共にふと頭に浮かびました。



私たちは頑張れ、頑張れと子供の頃から言われ続けて生きています。しかし、頑張ることができない時が来るかもしれません。
頑張ることをやめること。ドロップアウトも悪くないと思います。一度休んで、もう一度歩み始めればいいのだから。



人生の半ばを過ぎ、改めて命について考えた数日間でした。



この生きづらい世の中ではありますが、決して自ら死を選ぶことなく生き続けましょう。
きっと、生きていて良かったと思える瞬間があるはずだから。



https://youtu.be/TjXTe8NIz1E

ではまた。

HAPPY BARTHDAY❗

SASAさん、誕生日おめでとうございます!



いい雪、いいライディング万歳❗
素敵な誕生日になりましたね。
出逢いから早10数年、いろいろありましたね。これからもフェアリースタイルで遊んでください。



シーパスも見つけてもらって助かりました(笑)



sasaさん離脱後、NOBORUさんと合流。charismaと呼ばれる彼のライディングは、やっぱりスタイリッシュだな~と。



夏油に集まるスノーボーダーの中でもなかなかスタイリッシュなライディングは見ませんが、彼のライディングはやっぱりかっこいいなと思います。



スノーボード、サーフィン、スケートの3S。どのsceneでも同じようにスタイリッシュなライディング。
NOBORUさん、RESPECTです。

SASAさんから教えてもらったMAROON5。すっかりビッグネームになってしまいましたね。
「Sunday Morning.」Maroon5
https://youtu.be/S2Cti12XBw4

ではまた。

泉ヶ岳

泉ヶ岳スキー場へ行ってきました。



天候は雪時々晴れ。
気温マイナス8℃。風は無風。



山形蔵王、えぼし蔵王、オニコウベ、赤倉も検討していましたが前日からの強風を考慮して、奥羽山脈で風をかわしそうな泉ヶ岳スキー場を選択します。



泉ヶ岳スキー場は、太平洋、仙台や泉周辺の市街地を望むことができます。その眺望は「素晴らしい。」です。



ファミリースキー場なので、客層も家族連れが大多数。市街地から近いこともあり、週末は混雑しています。



そんなファミリースキー場ですが、実はパウダーを狙うのであれば穴場的スキー場です。



リフトが2本あるのですが、家族連れは下部の緩斜面を滑るため、上部の急斜面はさほど混みません。



そのため、降雪時にはパウダースノーが余っています。しかも、この日は30センチの前日からの積雪と気温が低かったことに加え、風をかわしていたので好条件が重なっていました。



まさに泉ヶ岳スキーの「THE DAY!」。パウダーも軽くスプレーが上がります。



パウダーボードのスノボーダーも3人ほど見かけました。



この日は自衛隊の隊員が雪上訓練に多数来ていて、馴れないパウダースノーに足を捕られ皆さん埋もれていました(笑)




リフト下の除雪のため、免平ロングリフトの運行開始が11時半と大きく遅れたのですが、営業開始の8時半から綺麗に整備されたピステでカービィングを堪能し、休憩を挟み、それからパウダーと楽しく1日となりました。



偶然、Okaちゃん親子と遭遇しました(笑)。元気そうでしたよ。



ではまた。

LEGENDチーム



夏油でスキーを愛する楽しき先輩スキーヤーたち!
いつも声をかけていただき、ありがとうございます。
毎日夏油へ通い、スキー道を邁進しています。たまにお茶会を開いていますが、あの笑顔はスキーが楽しいから咲いているんでしょうね。



スキーは生涯スポーツである。といいますが、私も彼らのように続けていきたいと思います。
やっぱり雪山が好きなので!



これからもLEGENDチームのみなさんとの想い出が増えていきますように。

そんな彼らへ
https://youtu.be/FFuXWKGqyhE

ジュネス栗駒



captain-A・PDと行くプチトリップ。
オッサン三匹でジュネス栗駒へ行ってきました。



今回は、PDさんのスバル・アウトバックが出陣。



助手席に陣取るのは、captain-A。
このパウダーweekに、インフルエンザに罹患してられないと3人しかいない車内でマスク着用。その徹底ぶりがスゴい!



そして、今回乗せてもらった最新スバル車・アウトバックの性能がものスゴい。
道中、往復通して雪道でしたが乾燥路面を運転しているが如く快適でした。荒い運転しても全く滑らないスバルの技術はスゴいなと感心しました。ですが、価格も凄く高いです。



車内で様々な会話をしているうちに、ジュネス栗駒到着。



チケット代は、夏油シーズン券があれば一日券が1000円引きの2300円。安い!



食堂も広く、メニューも豊富で手頃な値段。



床は絨毯で床暖。スリッパでもいいかもしれません。



ジュネスにも居ました。LEGENDチーム。
挨拶して、夏油にも来てくださいと営業しておきました(笑)。



この日のコンディションはミラクルパウダー。オンピステで約40センチの積雪で、オフピステは膝上の積雪。
コース上以外は滑走不能に近い状態でした(笑)



MAX40度の斜度を持ってしても積雪が上回ります。それが丁度良く、急斜面であっても快適に滑ることができました。



日本製ブルーモリスのファットスキーを操るPDさんもご覧のとおり。



ランチは、平日キムチ鍋セットと鶏南蛮定食と山菜味噌ピザ。



PDさんに御馳走になった山菜味噌ピザは特に美味でした。



それではピザの調理工程です。
まず、生地を伸ばします。



次にシェフ特製味噌の上にベーコン、山菜、チーズを載せます。



これをピザ窯へ。



生地がきつね色になるまで焼き上げます。



焼き上がるとピザを窯から出します。



それを切り分けます。



最後にマヨネーズをかけて出来上がり!(許可をとって撮影させていたたまきました。)
このピザ、本当におすすめです。ジュネス行ったら食してみてください。



ランチを済ませ、午後も滑ります。



客も少なくパウダー三昧。
リフト係のおじさんたちからも、「最後まで滑ってけ~。」と言われる始末(笑)



本当に楽しかったです。



そんな1日も、PDさんの「キーーードン」をもって終了。



ゴーグルが死に、グローブも雪に埋もれてしまいます。



後片付けに入ります。



また、ジュネス栗駒行ってみたいと思います。captain-A、PDさん、ありがとうございました。



最近、めっきりやっていなかった平日トリップも企画したいと思いますので、夏油ローカルのみなさん、よろしくお願いします。(オッサンばかりですが(笑))

ではまた。

蔵王



蔵王へ行ってきました。



天下の奇祭「大原水かけ祭り」に参加し、台湾のユーチューバーと水をかけられながら山あいの小さな町内を駆け抜けた翌日、朝早く目が覚めたので、一路、山形蔵王を目指します。



蔵王に到着すると駐車場には数台停まっているのみ。五時間券を購入し、中央ロープウェイで中央ゲレンデを目指します。



三連休なので混雑するのかと思ったのですが、ゴンドラ内はガラガラ。山頂に到着し、ゲレンデを数ヵ所回します。
滑走中に蔵王の仲間から到着したとの連絡があり、待ち合わせ場所に指定された中央ゲレンデにあるsangoroへ向かいます。



いつもお世話になっているsangoroの社長と蔵王920さんに挨拶したかったのですが、二人共、東京出張中で会えなかったのが残念でした。



二人に手土産を買ってきていたので、sangoroを切り盛りしている社長の奥さんに手渡します。
美味しいコーヒーを御馳走になりました。御気遣いありがとうございます。
それにしてもsangoroの暖炉はいいですね。火の温もりを感じ、寒さも忘れてぼんやりとひとときを過ごすことが出来ます。みなさんも蔵王へ行った際はお立ち寄りになってみてはいかがでしょうか?!



休憩を済ませ、蔵王sangoroメンバーと蔵王ローカル数名と合流。パラダイスゲレンデを中心にアテンドしてもらいます。



リフト乗り場の近くに、我が母校の山寮があります。
あの頃はスキーを買うことが出来ず、友人から借りていたことを思い出します。もう20年もの歳月が流れていることに驚いてしまいます。



この日のコンディションは、コース上で約30センチの積雪。雪質も本当にパウダースノー。
さらに蔵王はコースも多彩。集いし、スキーヤー、スノーボーダー、そして、スタッフもフレンドリーで、みんな笑顔が気持ちがいい人達ばかり。



蔵王のスキーヤー、スノーボーダーはスタイルがあり、上手い人が集まっています。そして、皆が楽しみながら切磋琢磨して上手くなっている環境が羨ましいと感じます。



珍事としては、
①同じ斜面を一緒に滑ったスキーヤーたちからドリンク券を貰ったこと。
②リフト降り場でミスってリフトを止めてしまったこと。もう一度、そのリフトを乗ったらリフト係のおじさんに放送で粋な言葉を言われたこと。
③途中まで一緒に滑っていた深緑のウェアの上手いスノーボーダー(murasakiステッカー貼っていたから、ムラスポさんかな~)の方に挨拶したかったなと思っていたら、帰りのゴンドラ乗り場で偶然会って伝えることが出来たこと。



あとは、
④温泉街で美味しいラーメンを食べることが出来たことかな(笑)



sangoro920さんチームのみなさん、蔵王ローカルのみなさん、アテンドしていただき、また温かく見守っていただきありがとうございました。



昨夜からの積雪と雪道の遠路を考えると近場のスキー場でも良いかなと蔵王行きを躊躇しましたが、蔵王行って良かったです。
雪もラインもスキーヤー、スノーボーダーも最高でした。



Kくん、Wくん、Yさん、1日付き合っていただきありがとうございました。他の方々にもよろしくお伝えください。



Mちゃん、怪我なくて良かったです。アテンドしてもらった上の台での高速クルージング、最高に楽しかったですよ(笑)



滑ることが楽しくなってしまい、撮影するのを忘れてました。次回はシューティングもさせていただきます。
また行きますね!

オガラ森

captain-Aとオガラ森登頂に成功。



この日は気温上昇が予想されているため、1本目から○岳を目指します。



北上平野には雲海が広がります。



周辺の山々の景色。



前回、雪崩発生を確認しているため、KIMさん、sasaさんのアテンドは諦めます。



結果は雪崩なし。ややウィンドパック様の雪質。ただし、斜度が急なためターン時のエッジングでスプレーは上がります。



○岳は、雪山の恐ろしさと素晴らしい滑走感の両方を教えてくれるライン。
発見してくれた裏夏油CHIBAさんに感謝します。



ドームへ帰還します。
すると、captain-Aがなにやら重装備で登場。前塚見へのルート調査にオガラ森へ行くとのこと。
休む暇もなく、エアバッグに切り替え同行します。



オガラ森の入り口で、私たち人間にビックリして巣穴から出ていったうさぎ。
気が動転していたため、再び私たちの足元まで戻ってくる珍事。
目が合ってまた巣穴に戻っていきました(笑)。



次回はここを通らないように約束しました。



オガラ森へのルートはかなりの急斜面。さらに雪質も悪く、上部の湿雪層がズレてしまい、なかなか足場が出来ないなか、一歩一歩ハイクを続けます。



すると、開けた場所に至り、目の前に広がる夏油高原スキー場を眺めながら休憩します。



休憩後のハイクは、更に斜度があがり、木々の間隔も密になります。



その難所を乗り越え、オガラ森頂上に到着。



眼下に広がる夏油高原スキー場。



いつも滑っているスキー場を一望していることが不思議に感じます。



見渡すと今にも崩落しそうな斜面もあります。



結局、前塚見へのルートは見出だせませんでした。



しかし、新たな斜面の発見もあり、大きな収穫がありました。



近いうちに調査へ向かいたいと思います。AKを越えるアラスカ様。改名が必要かも(笑)



本日は二峰を無事完結した安堵により、ドームに帰還しザックを降ろした瞬間、疲労困憊となってしまいました。



物事は視点を変えて見てみると、自分では気づかなかった新たな発見があるものです。たまには、自分の意見も別な切り口から見てみることも必要なんですね。
それを学ばせてくれたオガラ森でした。
ではまた。

立春

さて、2月です。節分が過ぎ、立春を迎えました。夏油パウダーシーズンは、今月が最盛期となります。



そして、来週からは平昌オリンピック。
応援している二人がいます。
まず一人目は、新潟で御世話になったLSサーフの社長・平野さんの息子、平野歩夢くん。あの頃は4歳だったかな。X-GAME優勝おめでとう。次はオリンピックで金メダル目指してがんばってください。
二人目は、小学生まで夏油ローカルだった岩渕麗楽ちゃん。一緒に滑っていた時が嘘のよう。小さいカラダでビッグになったね!せっかくだから、金メダル目指してがんばってください。



そんなオリンピックに沸く昨今でありますが、ここ夏油では連日パウダーが続くゲレンデコンディション。しかし、私はパウダーではなく、スキーのスキルアップに様々な試みを行っています。



普通にパウダーやフリーランはもちろん楽しく滑っていますが、夏油の2ペアや越路スキー場で苦手な小回りの練習をしています。



片足スキーをやってみたり、エッジの使い方というか板の使い方というか滑り方を試行錯誤。



岩手に帰ってきていたKYOKOちゃん先生が開催していたスキーレッスンに飛び入り参加して指導を受けたり、レジェンドチームの先輩たちと一緒に滑って練習したり。



パウダーフリークなローカルの大半が帰った午後はまったりと滑っています。



バッチテストはクリアしましたが、スキーを習ったことがなく、詳しいスキー技術の話はチンプンカンプンなのでわかりませんが、個人的にはズラシを交えた小回りを目指しています。



トップはエッジが噛むけれど、テールではずらしてスピードコントロール。理想はパトのASADAさんの滑り。自分とは真逆の滑りですが、あの人の滑りは「綺麗」。スタイルがあるとはあのような滑りを言うのかな。



それにしても、夏油ローカルはいろんな人が居ます。
スキーチームでは、TOMMYさん、captain-Aを筆頭に、HITOSHIさん
、TACCHANさん、OZAWAくん、TAMOちゃん他、freeSKIで刺激を与えてくれる面々。



裏夏油では、CHIBAさん、SUGOさん、KIMさん、ASAさん、SASAさんをはじめ、夏油を遊び尽くし、スノーボードの楽しさを教えてくれる面々。今期、未だCHIBAさん、SUGOさんには会っていませんが(笑)



いつも笑顔で出迎えてくれるレジェンドチームの面々。



70歳を越え、彼らのスキーへの情熱は並々ならぬものがあります。それと、毎日滑れて羨ましい。



パトロール・KOICHI隊長、ASADAさん、TAKEさん他、いつもゲレンデを守ってくれるみなさん。初めてバッチテストを受けるきっかけとなり、指導してくれたのも彼らでした。



元BRICKSチームのみんな。



3Sを教えてくれるNOBORUさんやクラウン受験の指導してくれたKYOKOちゃん&IKKOUさん先生とKATAHIRAさん。



県外では、エボシ校長のジュンイチさん、蔵王の920さん。



アニキの油井君さん、カールスバット大川さんやKUSAKARIさん他。



他にもいろんな方々と一緒に楽しく滑って、そして少しでも上手くなれるよう切磋琢磨してきました。
私がここまで滑ってこれたのも、出逢ってきたみんなのおかげです。



これからもみんなと笑顔で、リスペクトしながら滑っていきたいと思います。よろしくお願いします。



私の心豊かに生きるための「カン」違い三ヵ条。
・関心を持つこと。
・感動の心を持ち続けること。
・感謝の心を忘れないこと。



これを胸に2月も頑張ります。

gree
「SEASONS OF LOVE」
https://youtu.be/69hJMeB808k

では。

| ホーム |


 ホーム