FC2ブログ

プロフィール

getokko

Author:getokko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス件数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

栗駒② 5番御沢・東栗駒第1ストレート



3月最終日。なんとなく単独アタックしたいと思い、3時半に起床し栗駒へ向かう。
まだ、月が煌々と輝いている。月夜のドライブもたまには良いものだ。



ここ数日の天候と今日の天候から考察しハードクラスト確定かと思われる。



事前情報では、いこいの村駐車場が閉鎖されていると聞いていたが、到着してみると開いており安堵する。



天候は快晴、無風。絶好の登山日和ではあるが、気温が低く、ハードクラストは覚悟しなければならない。



駐車場には先行者の車両が2台。準備を開始するのと同時に夜明けが始まる。



太陽が地平線から顔を出し、その光に照され栗駒がオレンジ色色付く。



周りは静寂に包まれ、川のせせらぎのみが聞こえている。オレンジ色の栗駒は本当に美しかった。



再び準備に取り掛かると、昨年栗駒山頂でお逢いしたマッハSSさんと再開。共に山頂を目指すことにした。



いわかがみまではハードクラスト。急斜のトラバースでは谷側のエッジが外れることが度々あった。



東栗駒オープンは縦溝が確認できる。



東栗駒第2ストレートは中央付近から下部が崩落。



第1ストレートは上部に大きめのクラック、中部下部にもクラックが確認できる。



第3ストレートはクラックは確認できない。



いわかがみ平の各建物は雪中から出現している状態。
小休憩を挟み山頂を目指す。



真湯沢ルートはまだ安全にハイク出来る状態であったが、途中、沢の両岸にクラックがあり今後は注意が必要である。



この付近から強めの風が山頂から吹き下ろしている。テンクラの判定がB判定くらいに感じるほどである。



途中、SSさんと別れ、東栗駒側に入り休憩や撮影を行う。
そこで水分補給にペットボトルをザックから取り出したのだが、手を滑らせペットボトルを滑落させてしまう。
斜度はあまりなかったが、クラストした斜面だったため約300メートル滑落してしまう。
水くらいと思われるが自然保護のために拾いに向かった。



回収後、ルート復帰するがタイムロスでSSさんはもはや見えなかった。




真湯沢源頭部に差し掛かり、SSさんと合流。
ハードクラストのコンディション回復のため時間調整していた。



時間があったので栗駒山本体を撮影と滑走斜面の視察する。



5番御沢上部のロック帯に2ヶ所クラックを確認。また、御沢右岸、右岸台地に無数のクラックを確認。
4番御沢に以前のものと思われる滑走者のラインを確認。



今回は調査を兼ねて、5番御沢~右岸台地~御沢ボトムのラインを滑走することを決める。



待機場所に戻り、SSさんとハイクを開始。
すると、山頂から降りてきた登山者と出逢う。SSさんが前回出逢った方であり、山頂部の状況等報告を受ける。



本体取りつきのブッシュ群はさほど気にならず、シールのまま直登気味のライン取りで山頂を目指す。
風は稜線に差し掛かると弱まり、会話も通じるほどに。



北を望むと焼石の山頂に岩手山が見える。その東には早池峰山。
南に目を向けると禿岳。
その向こうに蔵王連峰、朝日連峰、月山、そして、鳥海山が見える。
(※鬼首の禿岳と神室山が違うことをSSさんか教えてもらった。鬼首の方は通称ハゲカムロ。)



山々の山頂は、ダークブルーのガス層の上に浮いているように見えたのだか、このガス層はPM2.5とのこと。PM2.5の層を目視できることに驚いたが、よく考えるとハイク中にこのPM2.5を吸入していたことになる。
のちの滑走後の板裏に付着したタールの原因はこのPM2.5と考えられる。



山頂に無事到着。
まず、神社を参拝する。



その後、山頂からの眺望を堪能する。



すると、SSさんの友人が到着する。
私たちがかなりスローペースだったので追いついたとのこと。
SSさんらは昭和湖方面へと向かうため、ここで別れる。
(SSさん、ハゲカムロの合宿に来年は誘ってください。あまり酒は強くありませんがお待ちしています。)



私は5番御沢を目指す。



1年ぶりの御沢は急峻であり、気持ちが引き締まる。クラックの箇所を目視で確認し、ドロップ。



ハードクラストしていた雪面は未だ弛んでおらず表面がエッジで削れる。スピードをコントロールし、ターンを刻む。



縦溝は無いが、ロック帯から崩れた礫が点在している。



ロック帯下部の小オープンを滑走し、右岸台地へとトラバース。



右岸台地上部はクラック多く、早めに斜面へとエントリーする。



右岸斜面はフラットで雪質もザラメ様だったので、高速ターンでボトムまで滑りきった。



ボトム到着すると、緊張とターン時のエッジング、長距離滑走から腿とふくらはぎが悲鳴を上げた。
心地よい痛みだった。



ビッグバーンに負けない筋力をつけたいと思う。



雪が弛み始めていたので、余韻に浸る時間も惜しんでハイクに取り掛かる。



目指すは東栗駒。
直登気味のラインを取り、中央登山道~真湯沢~東栗駒へと向かう。



ライン上の雪付きが良く、難なく東栗駒に到着。



大斜面は滑走には全く問題なく思えるが、第2ストレートは崩落により滑走不可能。
第1ストレートはまもなく滑走不可能となりそうである。



そこで今回は第1ストレートを選択。



クラックの箇所を撮影した画像で確認したのちドロップ。



ライン上には大小無数のクラックがあり、かわしながら滑走する。



第2ストレート下部からは崩落したデブリとともに露出した土が確認できるためボトム滑走は不可能。
出来るだけ稜線を滑走する。



さらに進むと、さらにクラックだらけとなり、ボトムのデブリも巨大となっている。



真湯沢との合流地点は、真湯沢の滝が露出しており、滝直下の沢の陥没が予見される。



またストレートのボトムには6~7メートルの巨大なデブリが合流地点まで迫っているため、対岸に渡るラインが狭あいである。



そこを慎重にかつモーメントがかからないように渡りきり、滑走終了。



ハイクルートまで一気に林間を滑走し駐車場へ。



今回は予報や前日までの天候を解析し、コンディションを予想してアタックしたのだが予想は見事に外れた。
やはりバックカントリーは現地に行ってみないとわからないと実感する。




ハードクラスト、巨大デブリ等の自然の中での人間の無力さを学び、オレンジ色の栗駒には自然の素晴らしさを感じた。



まだまだ、これからが栗駒のシーズン。農作業の合間に栗駒へ足を運んでみたいと思う。
ではまた。

BSA!

BSA:best ski academy.
ベスト・スキー・アカデミー!



ザラメ、コブの季節が始まった夏油。



パウダーシーズンは終わったものの、まだまだ滑り足りないスキーヤー、スノーボーダー、テレマーカーが夏油に押し寄せます。



ザラメ雪は
板の面を使った滑りが上手くなれる雪質。



コブもスピードが出過ぎず、楽しいライディングが可能です。



そんな夏油にBSAツアーが来ていました。
「スキーの神様」こと、平沢文雄氏と、その弟子「浦佐の関」こと、関利一氏らが各地のスキー場を訪れながらメンバーに指導するツアー。
夏油への来訪は今年で3年目となるとのことです。



平沢氏は我がファーストオーダー三郎も足元にも及ばない存在のようで、スキーのレジェンドキング。
尊敬する夏油のASさんも敬語で対応するほどでした。



平沢氏の滑りを見ることはできませんでしたが、彼のオーラは感じとることができました。



平沢氏の弟子・関氏とゴンドラに同乗させていただき、スキー理論と指導を少しだけ受けることが出来ました。
まだまだ修行が足りないなと実感させられました。



いろいろな滑り出来るスキーヤーを目指して、これからも滑っていきたいと思います。



BSAのみなさん、来年もまた夏油へ来てください。お酒用意して待ってます❗



※平沢さん、関さん、画像の使用料及び指導料は300円で勘弁してくださいね。来年、お支払いします(笑)。



シーズン終盤ですが、春の雪で更なる高みを目指しましょう!



ではまた。

ラストパウダー?!

今季ラストパウダーか?



3月下旬、降雪がありました。
気温は高く、積雪は僅か、雪質もパウダーとなるかどうか悩めるコンディション。



下界は雨だったので悩みましたが、夏油ラストのパウダーを狙ってみました。



到着してみるとHさんと遭遇。
Hさんも夏油ラストパウダーを狙っていました。
その夏油は一面真っ白。
急に白銀の世界に戻ったかのようでした。しかし、ローカルもビジターも疎ら。ラストパウダーのチャンスではありましたが、やはり下界での雨天が集客への悪影響を及ぼしたようです。



準備を済ませ、まずは一本目。
風が強く、ゴンドラも低速運行。しかも、雪質も湿雪……。視界が悪く、雪がゴーグルに付着し、さらに視界を奪われるバッドコンディション。



全くスピードが出せず、ただただゲレンデを降りるのみ。



ゴーグルを乾かすため、一本毎にドームへの帰還を余儀なくされます。



このあと、視界不良と強風によりAー6が閉鎖……。



今日の夏油は「ダメだったのか?!」と思ったそのとき降雪が止みます。
さらに気温が低下し、雪質が変わりました。「パウダー?!」と思われるコンディションに急変!



特に、コース脇のコンディションが良く、ここからHさんと3~4本を滑り、滑走終了。



Aコースのみでしたが、夏油ラストパウダーを堪能出来ました。



翌日、安比へとO君と向かいます。
昨日、パウダーだった夏油は気温が高めの予報だったことから諦め、O君提案で安比を選択します。



高速を降りると除雪車が作業しており、安比のパウダーは確信へと変わります。



安比では二日間でかなりの積雪があり、駐車場の除雪で雪の山が出来ています。



ゴンドラに乗車し、山頂へ向かいます。山麓は湿雪気味ですが、途中から山頂まではパウダースノー。



特に朝イチのノートラックパウダーは最高でした。



セカンドやザイラー方面を中心に回します。



10時半を過ぎるとさすがに湿雪となりましたが、広大なゲレンデなのでノートラックはどこかにはあります。
足がクタクタになるまで、ノートラックを探しながら滑走します。



ランチはカレーバイキング。



カレー、パスタ、ピザをメインに惣菜、スープ、飲み物、デザートが食べ放題。



パウダーもお腹も満腹です。



パウダーも終わっていたので、ランチを二時間以上ゆっくり過ごします。



満腹すぎてブーツを履くのが辛かったです。



食後は西森に向かいます。



トラックだらけの西森でしたが、コース内のリフト下はノートラック。滑走してみますが、湿雪、もなか様のコンディション。
スキーが刺さって林にコースアウトするスリルがあり、面白かったです。



この安比でのパウダーが、今シーズンラストパウダーなのかなと思います。



もっと滑りたかったですが、パウダースノーはまた来年。



パウダーシーズンを終え、これから春のザラメ、フィルムクラストへと移行します。



O君いつもありがとう。
ではまた。

3.11



3月11日。
仙台新港で黙祷。
多くの人々が集まり、鎮魂の祈りを捧げました。



この日のコンディションは、晴れ、厚目のアタマ、オンショア弱。朝、最高の波が割れていたようです。



あれから7年。今では海で波乗りするサーファーもすっかり戻り、釣りにおいても海の恩恵を感じられるようになりました。



自然を敬い、共存していけるような生活をこれからも続けていきたいと思います。



農業で水や土に触れ、自然からの恵みに感謝し、その恵みをいただくことによって生きられることを忘れないように。



仕事も大切ですが、生活のなかでふと気づくことの方が大切なことなのかもしれませんね。



私事ですが、たまには読書も良いものです。

ではまた。

悲しい出来事



お亡くなりになられたローカルスキーヤー及川さんの御冥福を御祈りいたします。



夏油高原スキー場で死亡事故が起きました。
報道によると、シューターと呼ばれるツリーランコースを巡回中のパトロール職員が倒れている男性を発見し、119番通報したとのこと。



当日のゲレンデコンディションは、ピステ上であっても硬くしまっており、その1歩外はスキー操作が不能となるほどアイスバーンだったようです。



事故の経緯は不明ですが、私たちが足を運ぶ楽しいはずのスキー場での死亡事故。それはとても悲しい出来事です。



私は事故の教訓から、ヘルメット等のセーフティーギアを着用するとともに、道具のメンテナンス、コース状況の把握、自身の体調管理、そして、自身の力量を過信しない平常心を心掛けて、スキー道を歩んでいきたいと思います。



最後に現場の条件は斜度があり、凍結により足下が不安であり、救助活動も困難だったと思います。
及川さんの救助に携わった総ての方々に敬服致します。



ではまた。

八甲田・雛岳

八甲田・雛岳をアタック。



今回のメンバーは、雛岳滑走経験者のOZくん、SRくん、初滑走のSGさんと私の4名。



当初、高田大岳を目指しましたが、谷地温泉到着時、高田大岳がガスに包まれ目視出来なかったため、OZくん、SRくんのアテンドで雛岳アタックへと切り換えます。



先行者のラインを使ってトラバース開始。雪がズレ易くシールが効かない場所もあり手こずります。



さらに中腹くらいからは斜度もあるため、ジグザグ蛇行しながらハイクします。



3分の2くらいに到達すると林間を抜け、オープンバーンが広がります。



ピークも見え始めるため、ペースが上がります。



途中、八甲田でガイドしている方と出逢います。



ガイドを始めて6年ということで、これまで経験されたことや今使っているギアのこと、そして本日のコンディションについて教えていただきました。



その後、ピーク到着。
谷地温泉到着時、全く見えなかった高田大岳が目視出来ます。



しかし、高田大岳の山頂には雲が押し寄せ、こちらに広がってくる恐れがあったため急いで滑走準備にかかります。



素早く準備を済ませ、ドロップポイントへ向かいます。
今回は、私にとって初めての斜面であり、前日までの状況も把握出来ないため、ハイク時確認出来た斜面をチョイス。


ドロップポイントから斜面を目視します。上部~中腹までは広大なオープンバーン。中腹から下部は二つの沢に分かれるラインです。



また、上部は前日の降雨によるクラストした雪面の上に10センチ程度の積雪あり。



下部は未知数…。
個人的には積雪が深いと雪崩を警戒してしまうので、多少クラスト面が感じられる方が嬉しいです。



ドロップイン。
上部はやはり軽くクラスト面が感じられます。中腹から下部にかけてはかなりの積雪があり、スプレーが上がります。



あまりパウダーは期待していなかったため予想外の滑走感に歓喜します。



4名、各々が最高なライディングを終え、帰路に就きます。



駐車場までシールを準備することなく、滑走して着くことが出来ました。



帰り支度を済ませOZくんと別れ、奥入瀬観光を兼ねて十和田湖ルートで帰ります。



車窓から滑った雛岳とその奥の高田大岳が太陽に照らされ綺麗な姿を見せてくれます。



奥入瀬を会話に夢中になりながら走り抜け、十和田湖に到着。



眠気覚ましに停車し、車外で3人で十和田湖見物します。



雛岳、かなり良かったです。
OZくん、SRくん、アテンドありがとうございました。

ではまた。

DEAD or ALIVE(改)



はじめに前日からの呼びかけに呼応し、同行してくれたメンバーに感謝したいと思います。



さて、今回は地獄巡り第2団。
前回発見した「天使」、「悪魔」、「Vライン」の調査目的で夏油ローカル5名に連絡します。
仕事だったTさん以外は当日現地集合することに。



当日の朝、ある程度の積雪を期待していましたが、予想に反しカリカリのアイスバーン。



そんな中、GETO BANKED SLALOMの運営で来ていた元夏油スノーボードスクール校長・三上さんと八甲田・RYOMAくん、夏油HUJIIさんと久々にお逢いすることが出来ました。
受付のところに並べられた、彼らが持参したTJ brandや自作の板を見せていただきます。



その後、captain-Aが到着し、地獄巡りへと向かいます。



今回のメンバーは、captain-A、裏夏油チバさん、SGさん、OZくんと私の5名。選りすぐりの夏油ローカルの精鋭です。



(※スキーチーム筆頭は、アラスカ仕込みライディングでスキーに関する知識や経験が豊富なTさん。
captain-Aは、滑り込んだ経験値が非常に高いフリーライダー。
レース仕込みのスキー操作で、スキーチームのギアアドバイザーOZくん。
スノーボードチームの双頭龍、裏夏油のチバさんとSGさん。
このメンバーが夏油ローカル最強のクルーなのではないかと思います。)



まずは「Vライン」。恐ろしいほどの斜度と地形、そして距離。横岳を遥かに凌ぐスケールです。
彼処を通せる日が来るのか?!



Vラインをcaptainと二人でリサーチし、滑走ラインを見出だしてきましたが、滑走というよりはラインを通すのも難しいと思います。



Vラインをあとにし、「悪魔」へと向かいます。
ここはチバさんが以前発見し、「悪魔だ。」と呼んでしまったことが由来ですが、ネーミング的にはちょっといただけませんね。



悪魔のトップに着いてみると、先行していたチバさん、SGさん、OZくんがエントリーポイントを調査しています。



そこへcaptainと私が合流し5名で滑走ラインを確認します。
しかし、安全なエントリーポイントがなかなか見つけられず、右往左往し時間がかかりました。



あとでわかったことですが、チバさん、SGさんが調査していたシュートは下部で破綻していたため、そのラインを降りなくて正解でした…。



調査した結果、滑走ラインは小悪魔上部を滑走し、悪魔へと取りつくラインに決定。



悪魔上部から小悪魔へと移動します。
小悪魔と言えどかなりの急斜。
そこを各自滑走し、林間を抜け、悪魔へ移動します。



悪魔はやっぱり悪魔…。
すべてが圧倒的なスケールでした。



皆、決して転倒しないように横ずらしを駆使しながらターンを刻みます。
この斜面で威力を発揮したのが信頼できる相棒、SALOMON Q-LAB 190cm。
本当にいい板です。



メタル入りなので重さはありますが、雪面に吸い付くようなエッジ感覚。スピードやクラストした雪面に負けない板の強さ。加えて、弾かれ後傾となってしまっても抜けてしまわないテールの力強さ。
Q-LABは、どの性能をとっても一級品。
どうして廃盤になってしまったのか不思議です。
(※昨シーズンは、重さが気になりゲレンデで軽やかな滑りが出来なかったことと、安定し過ぎていたため敬遠していました。しかし、captainが普通に使っているのをみて主力に格上げして現在に至ります。)



かなりの急斜、ガリガリのアイスバーン、そして、雪面の小さな凹凸。このようなコンディション時、スキーではジャンプターンで何とかトップを支点に板を回すことが出来ますが、スノーボードでは本当に難しいこの操作を二人のスノーボーダーはこの斜面でやり遂げました。



多くの夏油ローカルが居ますが、ここを滑走できるスキーヤーは僅か……。特にスノーボーダーは彼らくらいしかいないと思います。



ここで、captain-Aのまさかのエアドロップ…。
私はその目を疑いました。



肩のラインと腰、膝、そして、スキーがスクエアを組み、それが崩れないフォームだからあれをやれるんだと思います。



スタイルの違いからなかなか真似は出来ませんが、私もライディングの中に取り入れたいと思います。



その後、ボトムに全員が到着し、歓喜の雄叫び。
このメンバーだったから成し遂げられたことは言うまでもありません。今でも思い出すと手に汗を握ってしまいます。



安堵のなか休憩を取り、その後、帰路に就きます。トラバースしながら「天使」を確認。天使は文字とは真逆なラインです。



その後、Vラインを下から眺めたあとC4へとトラバース。



ここで、チバさんのバインディングに故障が発生し、ツボ足でのトラバースを余儀なくされたため、私が板を担ぎます。



(※ちなみに、チバさんへのスノーシューの貸し出しは今月中だけですよ。返却は御早めに(笑))



私はメンバーに声をかけた責任を感じ、無事全員帰還するために、全員の動向や地形、ルートを把握し判断し、声を出していたので、帰宅してから極度の疲労に襲われてしまうほどでした。



またいつか、この斜面にアタックする日が来るかどうかわかりませんが、託せる仲間と再び喜びをわかち合いたいと思います。



仲間というか、チームとしての意識が実感出来た今回のツアー。私は既に四十路を過ぎたのですが、こんな充実した時間を共に過ごす仲間がいて、そして、そんな仲間に出逢えて本当に良かったと思います。
OZくん以外は、皆先輩たちですが敢えて仲間と呼ばせていただきますね(笑)。



Tさん、captain-A、OZくん、チバさん、SGさん、いつも一緒に行動してくれてありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
ではまた。

天使と悪魔

アバランチライン開拓ツアー。



メンバーは、おなじみcaptain-A。



裏夏油チバさん。



そして、Tちゃんさん。



昼休憩時に、たまたま居合わせたメンバーで向かいます。Tちゃんさん、こんな変な所へ連れてきてしまい、すみません。



Tちゃんさんは全くわからないまま。



トラバースを重ね、遂に「悪魔」へ。



悪魔は2面あり、今回は「悪魔2」で遊ばせてもらいます。



「天使」、「悪魔」、「小悪魔」、「Vライン」を発見。



あの板を外した瞬間、心にかなりの衝撃がありました。本当に何もなくて良かったです。



かなりの興奮と危険が交ざりあう地獄地帯から無事帰還を果たすのでした。



良き想い出となり、本当に良かったと思います。



裏夏油チバさんとは今季初セッション。シーズン終盤までセッションが無かったこともビックリですが、初セッションがこの企画とはやっぱり何か通ずるものがあるんでしょうね(笑)。

| ホーム |


 ホーム