FC2ブログ

プロフィール

getokko

Author:getokko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス件数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

春の陽気に誘われて……



ドライブしていると午前中にも関わらず、道路上の気温表示が二桁を示します。
ここ数日の雪解けにより、平地ではほとんど積雪が残っておらず、まだ2月なのにまるで4月上旬のような景色が広がっています。
そんな中、早くも南海上に台風2号が発生し、北進しています。日本への影響はありませんが、今年は気候の変動が大きいのではないかと思われます。



長期予報ではここから2ヶ月、偏西風か日本寄りに蛇行し南からの風が流入、やや高温となり雨も平年より多目に推移すると発表がありました。
例年であれば、夏油や標高の高い山々では厳冬期でありかなりの積雪が見込まれるはずですが、今年は栗駒も積雪か少なく早い終焉となりそうです。



そんな昨今の私はジム通い。
古傷の膝が……。
強度を上げるために筋トレ開始です(ほぼ完治しました。)。
ついでに、海へ向けてのダイエットも開始。



今月はクルマの修理で代車生活が10日間。かなり古い代車だったので雪道では30キロでの走行も危うい感じ。そのため雪山活動も中断していました。
クルマの修理が終わり、滑りに行こうと思いましたが、今度は膝の不調で今季の最強寒波を逃してしまい、そのまま春のような気候に……。



結局、2月は1日も滑らず仕舞いに……。
滑りたいのに滑れないやり場のない憤りを感じましたが、ここまで春の陽気に包まれているとそんな気持ちもすっかり落ち着いてしまいました。



そんな日々の中、滑れない自分への羞恥心や劣等感、嫌悪感はありませんでしたが、自分の欲求から表れる他人への嫉妬心を感じました。
未だにLINEやFacebookはやっていませんが、スマホやPCからの溢れ出す情報に悩まされることがあります。私自身の負けず嫌いな性格もありますが、その情報により他の人たちを意識してしまうため、スキーライフが「must」な行動を余儀なくされてしまいます。



まずは自分が楽しむことを追求するために必要以上に情報を得ないように暮らし、そして、心に芽生えるこの嫉妬心をバンバン外して好きなときに行きたい場所へ、そして無心に滑りまくるという本当の意味でのフリーライドを体現していきたいと思います。



たまにはこんなシーズンがあってもいいのかもしれない。雪山はまた来季かなと。今はそう思っています。
雪山の仲間と思う存分にセッション出来なかったのは残念ですが、このままカラダづくりに専念して行こうかなと思っています。
今年は子猿くんのためにもサッカーのフィールドにも立ちたいので。(ぶらり雪山散歩に行くかもしれませんが(笑))



昨シーズン、子猿くんの誕生前にさまざまな山々を滑り倒し、やりきった感覚を覚えてしまったのか?!
どうしたことか今、何故か滑りたいという意欲が湧きません。燃え尽き症候群というべきか、マンネリしてしまったのか、単に現状に冷めてしまったのか……。
シーズン前は新しいギアを購入しヤル気はあったのですが、その機を逸してしまったようです。
この気持ちに無理に刺激せずに来期は意欲が自然と高まってくれることを期待してます。



心配なのは年齢や怪我、ライフスタイルの変化等で、来年一緒に滑ることが出来ない人がいるかもしれないこと。実は今シーズンが人生ラストだったという人がいないことを祈ります。



10年前を思い出すと、残念ですが今はもう姿が見えないスキーヤー、スノーボーダーはかなり多いです。
清水さん、水沢のおばちゃん、おじちゃん、カトウさん、ミツルさん、タケボウさん、タケさん、カガッチ、シンヤくん、カッちゃん、ゆみ姉、アッコ、まどか、ヒロリン、しみっちゃん、ヤエちゃんさん、エアパイレーツ山形の皆さん、アイベックス庄内の皆さん、新潟で出逢った皆さん他、挙げきれないくらいの人たち。
引っ越し等でどこかで滑っているならいつの日か一緒に滑ることが可能なのでよいのですが、亡くなったり、滑れなくなった方の場合は個人的に心残りとなってしまいます。



仕方ないことではありますが、せっかく雪山を通じて知り合えた人と会えなくなることは残念です。



意欲をもって滑り続けることの難しさを痛感していますが、今を大切し、そして、一期一会を胸にこれからもスノーライフを送りたいと思います。

聖者の行進 / TRUMPET
https://youtu.be/ocBPBTvNYOk

NEW QUIVER



DMS
モデル名: CROWN
Bamboo+CarbonWrap
length 5'9
EPS素材のハイパフォーマンスモデル。



デッキは、bamboo(竹)を使用し、DMS独自のCarbon繊維で包んでいます。ボトムはグレーマーブルティント入り。
一時期流行ったbamboo素材は施工が難しく、今では作られていないので非常に珍しい板です。



ケリー・スレーターとダン・マロイがDMSで作ったこのモデル。それだけでもワクワクしてしまいます。



モデル名のCROWNは、KINGケリー・スレーターのモデルであることと、テールが王冠の形をしていることから由来しているようです。



私はcaptain-finのクワッドで使いたいと思います。トライフィンよりはルースな感覚となりそうです。



ターゲットは胸~アタマくらいかな。



とあるショップから一目惚れで購入。実際、持った感じも思っていたより厚くなく、幅もちょうどいい感じ。ロッカーはフロント側が緩く、テール側が少しきつめ。レールはミディアムボキシーとなっていて、かなり期待出来そうです。



昨年はなかなかいい波に出逢えなかったシーズン。
4月にはシーズンインとなりそうなので、この板でいい波と出逢いたいと思います。



今季はなかなか滑りに行けず暖冬のため、夏の海に期待大。
いつか海外トリップも行きたいな。
さて、どうなる2019!

Celebration / Kool & The Gang
https://youtu.be/3GwjfUFyY6M

立春


 
立春を迎えました。
2月が始まったばかりなのに空には綺麗な虹が出ています。
(雪山を愛するものには今後の降雪に不安が残り、海を愛するものには温かな春が待ち遠しく感じます。)
それにしても、この冬の降雪量・積雪量はともにかなり少ないと感じますね。



そんな中、夏油ローカルSさんは愛する娘さんのためにスキー転向!
道具選びからアドバイスさせていただきました。



そして、いざゲレンデに。



スノーボードではスタイリッシュなライディングのSさん。スキーでもそのセンスを感じるライディングです。



まずはストップ&ゴーから。ボーゲンのマスターから。



スキーは両足均等で行う操作。そのため、スノーボードとは使う筋肉が全く異なるため、続けて滑ると脚がガクガクとなります。



Sさんには滑走1本毎に休憩をはさみます。



休憩後、またレクチャーしながら滑走。ボーゲンのコツをしっかりと指導します。あとは反復練習。
(何気にボーゲンは上達するのに必要。あとライディングが高速になればなるほど、滑走中にボーゲンの要素でスピードダウンを行います。また、ボーゲンの体勢は急斜面でのドロップには必須。なので、Sさんにはボーゲンを叩き込みたいと思います。)



Sさんはスノーボードでブーツのタンに乗る感覚があるためか、人生初めてスキーではありますがなかなか良い姿勢です。
踵、膝、股関節がしっかり曲がり、その上に上半身がリラックスした状態で構えています。



この日は3本の滑走でフィニッシュ。
このあと、Sさんは整骨院でマッサージしたとのこと(笑)。



左右のターンの得意、不得意はありますが、それにしてもSさんのこの順応性は雪遊びを熟知したところからくるセンスなのかなと思います。
Sさん、念願の4FRONTの板でパウダーを滑る日はそう遠くないかもしれませんよ!



次回は、親子揃ってのGスキースクール(無料)への入校お待ちしてます。



EVERYBODY, HAPPY SKIING!
みんなでパウダースノーを滑りましょう!



スキーに転向される方、夏油高原スキー場、越路スキー場で不定期開校させていただきますので御一報ください。
(Manaちゃんも親子でスキーやろうぜ~。道具なら新品じゃなくてもネットにいっぱい転がっているからね。)



春のような夕陽……。
海へ向かうのも時間の問題かな?!



今季は2月のうちにパウダー滑りましょう。
ではまた。

| ホーム |


 ホーム