FC2ブログ

プロフィール

getokko

Author:getokko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス件数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

栗駒



栗駒へ行ってきました。



この日は前日の寒気の影響もあり、午前風が残る見込みも、昼過ぎからは天候が安定する予報。



水芭蕉の周りに昨日降った雪が積もっています。これが今シーズン最後の雪なのでしょう。



トンネルの中にも雪が積もっていました。流石にノーマルタイヤでは走れないかもしれません。



いこいの村駐車場でスノーボードのS先輩と合流。準備を済ませ、綺麗に除雪された車道を歩きます。



途中、ウェアを忘れて走って戻るという珍事もありましたが、いわかがみ平まで無事辿り着きます(写真を見るとザックにウェア上着がありません。早めに気付いて良かった。)。



いわかがみ平で休憩します。その時、突然風が強まります。体が一気に冷やされたため、風を避ける場所で待機を余儀なくされてしまいました。



その後、風は収まり、ハイク開始。



ここで初心者指導している方に出逢います。



古川駅前で、「cafe MONTE」を営むDさん。自営の傍ら、ここ栗駒でガイドを行っているとのことでした。今度、Dさんの店を是非訪れてみたいと思います。



先程までの強風は何処へやら。無風へと変わります。



寒くて着たはずのウェアを脱ぎます。



今回のルートは中央登山道。



雪で真っ白になった栗駒本体が美しく見えます。



以前、来たときに確認していたクラック等の危険箇所を目視します。登山道は所々、雪で途切れていて板を外します。



栗駒本体はスキーやスノーボードの滑走ラインが消え、白いキャンバスが際立ちます。



栗駒本体に取りかかります。焼石連峰も綺麗に見えます。



太陽と青空に包まれる山頂を目指します。



無事、山頂到着。



まずは社への参拝を済ませます。



そして、山頂から四方を見渡します。



すると、鳥海山や月山がくっきりと見えます。今季、幾度となく登頂を果たしましたが、鳥海山がこれ程見えたことが無く嬉しかったです。



さらに見渡すと、栗駒斜面5番のロック帯の向こうにラインが見えます。



スキーヤー3人が気持ちよさげにクルージングしていました。いつかあの場所も滑ってみたいと思います。



準備してドロップポイントへ移動すると、登山家Oさんと出逢います。



Oさんも天候が良かったので、栗駒登頂していたようです。Oさん、次回は山頂でランチしましょう。



今回のドロップポイントは3番。他のポイントに比べ、surfaceが整っていました。



Sさんからドロップ。



風はほとんど無く、スプレーが舞い上がります。



雪質はパウダーではありませんが、新雪が程よく滑ります。



恐れていた雪崩も無く、コンディションは良かったです。



しかし、3番下部はストップ雪となっており、この雪に掴まれ転倒してしまいました。己の未熟さを再認識する機会となりました。



御沢右岸台地に移動し、昨年Sさん、Tさん、スキーのAtさんの3人で滑ったラインを滑走します。



流石に標高がボトムに近く低いため新雪はありませんでしたが、雪も走り、地形が楽しめるバーンでした。



スノーボードだと、地形が楽しめて良いですね。スキーとは違う楽しみ方ができました。



このダイナミックなバーンは、滑走感を満足させてくれます。



それと共に、この雄大な栗駒のロケーションが滑走後、私たちに感動を与えてくれます。



感無量とは、この感覚を言うのでしょうか。



中央登山道にハイクバックします。



下山。中央登山道は所々雪が無くなっていました。



イワナ沢を滑走し、車道へ復帰します。



今回はウェア忘れ、強風からの好天、cafe MONTE 、登山家Oさん、初鳥海山と様々体験しました。



それも、Sさんのお陰かな。
楽しい栗駒をありがとうございました。



それではこの曲を。
"Platina Jazz - Hajimete No Chuu (from Kiteretsu Daihyakka)"
https://youtu.be/6SfLag6ktJc

maxcell DVD cm
https://youtu.be/DOei-PMb0nM

<< 地震 | ホーム | RESPECT >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム