FC2ブログ

プロフィール

getokko

Author:getokko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス件数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

終戦記念日



台風が過ぎ去る海へ向かうため、寝起きの私は少し肌寒い外の空気に触れ、足早にクルマに乗り込みエンジンをかける。

冷房のエアコンを暖房に入れ変える。



ふと、空を見上げるとそこには今年初となるオリオンと対面する。

まだ、夏と思っていたが暦の上では秋を迎えている。

そんな今日は終戦記念日。

敗戦を迎える朝、このオリオンは夜空に耀いていたのだろうか。当時の人々はこの星をどんな思いで見ていたのだろうか。



「戦争」という言葉は、「戦う」、「争う」の同じ意味を持つ2つの言葉で成り立つ。現在、この戦争を知る者は着実に少なくなっており、その伝承は途絶えつつある。

私たちが子供の頃から親しんでいるテレビゲームは、現代では小型機器やスマートフォンで気軽に大人から子供まで楽しめる娯楽となった。しかし、ゲームで自身が不利となったときにリセットボタンで初期化出来る機能は、実際の戦争では存在しない。

外交により世界の国々が譲歩や協調しつつ、戦争を回避しているのが現状である。



ボタン1つで始まる戦争であるが、戦争を終わらせるには原発事故のように次の世代、またその次の世代にまで、その遺恨を残しかねない。

やはり、戦争は人間が行う一番愚かな行為である。



アインシュタインが述べていたが、戦争に費やす時間、資金、労力を世界の平和に転用することこそが、今生きる私たちに課せられた使命なのだと私も考える。理想論であり、綺麗事かもしれないが。

私たちは未来の子供たちが平和に暮らせるように、この終戦記念日をもう一度平和というものを見つめ直す時としたいものである。

この気持ちを胸に正午には黙祷を捧げたい。そして、この国のため、今ある私たちの命を繋げるために戦争で散っていった方々の御冥福を祈りたいと思う。



今日も夜明けを迎える。どこか哀愁漂う15日の朝である。

カバー曲ではあるが、とても素敵な曲をどうぞ。
https://youtu.be/s3f6FIRQVWA

<< 秋彼岸 | ホーム | 富士山後編 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム