プロフィール

getokko

Author:getokko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス件数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

冬至

二十四節気の第22。



太陽の中心が冬至点を通過し、北半球では、一年中で昼がいちばん短く、夜がいちばん長くなる日となります。



この日にはゆず湯に入ったり、地方によってはカボチャを食べたりする風習があります。



この夜長を使って読書に勤しみます。



小説は、一年で大体5~6冊。今年はこの初冬に集中しました。



今回考えさせられたのは仕事と人生。日本人は勤勉であり、終身雇用制度があったため、一度就職したら転職は考えない人種なのかもしれません。



しかし、追い詰められたりした場合は普通に仕事を辞めても良いのでないかという内容です。仕事は転職してもいいものと心のどこかで思っていれば、自殺を思い止まれるかもしれません。



「ちょっと 今から 仕事やめてくる」



私にも身近な人を亡くしてしまった過去があるので、今の時代を働く私たちの年代みんなに、是非この本を読んでもらいたいと思います。



ドロップアウトもそれほど悪くないことだと思えるように。そして、いつか悩むその日のために。



「世界で一番貧しい大統領」



それとは逆に、強い信念を持って働く大切さについても学びました。



たまには読書する時間も良いものですね。

<< 年の瀬 | ホーム | 初滑り >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム