プロフィール

getokko

Author:getokko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス件数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

栗駒バックカントリー③

今回は晴天無風の栗駒アタックでした。



メンバーはTさんと私。



いこいの村駐車場に到着すると、前回もお会いした石巻CARLSBADのOさん、新港でよくセッションさせていただくKさんと出会います。Oさん、Kさんは、既に準備が終わっていたので、先行し東栗駒へと向かいます。



準備を済ませ、栗駒山頂へとハイクを開始。無風のため、気温は低くも汗だくとなり、水分補給も多くなります。



難なくいわかがみ平まで到着。小休止を挟み、さらにハイクを続けます。
沢の雪屁は異常に発達するも、沢底はまったく埋まらず…。



さらに数回の休憩を挟みながら山頂を目指します。(休憩を取らなずにハイクする多くの方に追い越されました(笑)。)



風がなく、雲ひとつ無い奇跡1日。



Tさんと会話しながらハイクし、あっさりと栗駒山頂へ到着。今回は前回よりもさらにくっきりと鳥海山や月山が眺望出来ます。



私は山頂で準備を開始。Tさんはスプリットボードなので、スキーモードのまま、ドロップポイントへ移動します。



先行したTさんは、滑走斜面状況を確認した後、滑走準備に移ります。
私も綺麗な鳥海山を眺めながらドロップポイントへ移動し、Tさんと合流し、それぞれ滑走斜面を選定します。



Tさんはロック帯3番、私はロック帯4番をchoice。



先にTさんがドロップイン。



スプレーを上げながら下降します。



渾身の当て込みを完成させ、斜面下部へと姿を消します。



私のドロップイン。始めは良い雪で安定したターンを刻みます。



しかし、4番の最大斜度となるノール上部からクラストし、エッジを斜面に合わせるとガリガリと嫌な音がします。その後、なんとかノール下部へと進むと、今度は太陽で照らされたためかストップスノーへと変化し、それまではスピードを出していましたが少し足を取られてしまいます。



ストップスノー帯を凌ぐと、斜度も若干緩み雪質も良好となり、快適なライディングへと変化します。
トラバースラインはウロコ様のモサモサした雪やクラストが広がっていましたが、高速で滑りきります。



その後、御沢右岸台地へと移動します。



稜線雪屁上部からMAXターンで雪屁下部斜面へ進入。若干、パック様でしたがスピードで乗り切りライディング終了。今回の愛機もHEAD REV105(191cmモデルのため、センターは108mm。)。切っても良く、ずらしても良く、飛ばしても安定するので、雪質の変わるビッグマウンテンでは最高です。



斜面を滑り切ったところでTさんを撮影します。



Tさんの撮影を終え、栗駒滑走終了となります。



帰路ルートは前回同様、等高線トラバースライン「ORライン」を使います。



やはり、TさんでもこのORラインは辛かったようです。



スキーであればシールを使わなくても、トラバースして帰って来れるので、スキーヤーONLYのルートなのかもしれませんね。



岩魚沢下部で、大雪崩の痕跡を確認して駐車場へと戻り、アタック終了となります。



それにしても、1日ブルースカイの素敵な栗駒でした!



Tさん、ありがとう。



次回は、久々にSALOMON Q-lab 190cmで、東栗駒オープン東側ストレート2番に挑みたいと思います。



夕方発生した地震の後に、雲ひとつ無い狭間の綺麗な暗闇が広がっていました。

<< 啓蟄 | ホーム | 栗駒バックカントリー② >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム