プロフィール

getokko

Author:getokko
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセス件数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR

ラストBC・栗駒山須川

4月最終日。この日はバックカントリー・ラストアタックと決めていた。行き先は栗駒山須川。



勤務明けで栗駒を目指す。



花が散る並木道を通過。



初めて奥州湖湖畔を通る。



以前、イヌワシらしき鳥を見かけたポイント。旧祭畤大橋。



ゲートを通過し山中へ。



駐車場到着し、急いで準備に取りかかる。



12時半、ハイク開始。リミットは15時駐車場着。



先行者の足跡をトレースする。



今回は時間もないため、滑走開始時間を14時半と決め、それまで行けるところまでハイクする。



今シーズン最後のバックカントリーと位置付けているため、単独アタックとした。



理由は、ラストの雪山で一人の時間をゆっくり過ごしたいから。



今季もいろいろなスキー場や雪山を滑り、様々な人達と出逢い、スキーは素晴らしいなと感じることが出来た。



名残惜しいが雪山のシーズンが終わろうとしている時、最後は一人雪山の時間を味わいたいと思った。



道はどこまでも続く。
あのときのイヌワシなのか、鳥が優雅に空を飛んでいる。



栗駒山頂付近は地肌が出ている。



いろいろ考えたいこともあったが、いざ雪山に入ると無心でハイクを続けた。



間もなくピークに到着。この頃から薄い雲が晴れはじめる。



途中、昭和湖が見える。



ピーク到着。今回は昭和湖西側の尾根。



次回アタックするときのためのリサーチも兼ねていたため、須川全体を見渡せるこの地を選んだ。



いつかは彼処へ。



火口と思われる。噴火の際はここか、栗駒山北側の窪地を中心に警戒エリアが決まるのだと推測する。



荷物を降ろし、周辺を散策する。
すると、昭和湖の南側にもう1つ小さな火口らしき場所がある。



ラストライドはこの斜面に決定する。距離は短かいと思われるが、先が見えない斜度が滑走意欲を刺激する。



準備を済ませ、いざ滑走。今季ラストであり初見の斜面。滑走前、緊張する。



ドロップ。ノールを越えると斜面の全体が見渡せる。



クラックやストラクチャーは回避可能である。



一気にボトムへ。そして、フィニッシュ。



一人誰もいない場所。照りつける太陽が眩しかった。



周りを見渡すと、その地形から噴火口なのだ理解する。



栗駒は火山なので即座にその地を後にする。



トラバースしていると、とある集団に遭遇する。



スノーボードのプロの方とアテンドされている人達であった。



「夏油ローカル」を名乗ると、Captain-A、T君、Manaの名前が次々出てくる。夏油はレベルが高いスキーヤー、スノーボーダーが多いと絶賛していた。
その集団と共に下山する。



途中、栗駒御沢5番を滑ってきたテレマークの方々と出逢う。




さらに下山中のハイカーと出逢い、須川の素晴らしさを教えられる。



無事下山。すると駐車場で見たことある男性が近付いてくる。裏夏油チバさんであった。前日から須川入りし、滑ってみたいと思ったあの斜面を滑走してきたとのこと。



斜面についていろいろ聞きいていたが、ゲート閉鎖時間が迫ってきたのでメンバーの方々とクルマで新湯ゲートを目指す。



チバさんらと祭畤で別れ、奥州湖で夕陽を見ながら一息つく。



今シーズンほとんど会わなかったのに、今季最後のバックカントリーでこの男と会うとは…。



最後に、八甲田、栗駒、月山・湯殿山で共に登ったみなさん、そして、出逢ったみなさん、本当にありがとうございました。



またいつの日か笑顔でお逢いしましょう。
合言葉は「ヤッホー!」で。
ではまた。

<< 今季ラストラン in夏油 2018.5.8 さよなら❗ | ホーム | 月山③ 湯殿山東斜面ラストアタック❗ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム